「ファイナルファンタジー7 リメイク」戦闘シチュエーション&音楽ここすきランキング

みなさん、ファイナルファンタジー7リメイクはプレイしましたか?
実は私、旧作たるFF7をプレイしたことなく、このリメイクによって初めてFF7のシナリオを体験することとなりました。
といっても、あまりに有名な作品であることからプレイする前から大筋の縦軸は知っていましたし、戦闘音楽「闘う者達」を筆頭とする音楽の良さも知っていました。
そんな初めてのFF7だったのですが、一番すごいと思ったのがタイトルにあるように「戦闘」と「音楽」。
アクション性が高い戦闘に、戦闘のシチュエーションごとにアレンジが違う戦闘音楽を繰り出すというあまりにも贅沢な展開に陶酔し、どっぷりと世界観にハマりました。
過去のゲームであれば戦闘音楽なんて「通常戦闘」と「ボス戦闘」と「ラスボス戦闘」くらいだったですもんね……すごいね……。
そこで今回の記事においては、プレイしていて感じた、お気に入りの戦闘&戦闘音楽をベスト5で紹介いたします。
なお、今回の紹介においては戦闘音楽単品ではなく、ボス戦闘であればそのボスそのもののシチュエーションも相乗して評価の対象としています。そのため、シナリオについてはネタバレはしませんが、ボス名等の表記をすることから広義のネタバレがあります。これからプレイされる予定のある方は閲覧のご判断に注意を願います。旧作ではボス戦がなかったような敵についてもFF7Rにおいてはボス戦があることから、旧作を既プレイの方でも新作を未プレイの方はご注意ください。

※参考音源としてYouTubeのプレイ動画もしくはBGM紹介動画を引用し、FF7Rサウンドトラック公式サイト記載のディスクナンバーとBGM名を併記いたします

 

続きを読む

霊使いストラクチャーデッキに愛を込めて。(記事の最後に筆を折った小説作品「Yugioh Special」を再録します)

タイトルに有る「霊使い」。カードゲーム遊戯王におけるキャラクターの総称を指します。
遊戯王の世界からは離れて幾年経っているのですが、あのファンタジー世界の「公式から語っていないのに明らかに作り込まれているクオリティ」には尊敬しており、今回における霊使いもその一端を感じています。
今回取り上げる「霊使い」もそうであり、見て取れる限り『遊戯王における6属性に配属された少年少女の魔法使いであり、マスコット調の使い魔モンスターを携えている』『数奇な運命に翻弄されている(想像)』モンスター群です。
遊戯王にはマジック・ザ・ギャザリングのようなカードキャラクター主軸の小説作品等がないので、イラストから背景を読み取るほかないのですが、だからこそ妄想の余地がふくらむプレイヤーが多いのです。

今回はそんな霊使いに対しての遊戯王古参のプッシュ記事、そしてそんな「霊使い」を主軸としたガチファンタジー小説を過去に書いていたことから再公開いたします。筆を折った未完の小説ですが、ある意味「チャンス」だったので!
では続きをどうぞ。

続きを読む

ヘッダーバナーを更新いたしました(2020年夏期)

ダレムくんご提供の、当サイトヘッダーバナーを更新いたしました。
任天堂「どうぶつの森」より「たぬきち」。スクウェア・エニックス「ファイナルファンタジー7リメイク」より「クラウド」です。
実はFF7をプレイしたことがなくて、今回のリメイクで初めて手を付けたのですが……めちゃくちゃ良かった……!(これはおそらく近日中に記事をしたためると思います)

今季ヘッダーバナー

【140 OVER TWEET】結局『Spotify』に戻ってきちゃった


ツイッターでは度々言っているのですが、私は重度のサブスクリプション(定額制)フリークです。
生活の大体の分野にそれが根付いており、広義なところではアマゾンプライム(通販)、他にもKindle Unlimited(読書)、ゲームにおけるニンテンドーオンラインとかもそうですね。
一昔前では「形のないものにお金を払うなんて馬鹿らしい」と揶揄されがちであり、私も実際それで敬遠していたところがあるのですが、概ね世間(も私も)の認識も変わってきて、むしろ「たった月千円でこれだけのコンテンツを与えてくれるなんて!」と許容してくることとなりました。
その中、音楽。昔はCDを買って所有欲を満たすという点があったのですが、これについても例にもれずサブスクリプションで欲を満たしています。
千曲、万曲単位で聴くことができ、こういう形で聴くことでなければ一生手につけることがなかっただろうな、という楽曲にもどんどんハマっていることを考えると、真の音楽ビジネスってのはこれなんじゃないかと賛同しきりです。
AppleMusicを筆頭に各社サービスがある中、私が選んでいるのはSpotifyです。私は重度のアップルフリークであり、はじめはAppleMusicを選び、一度Spotifyを経由し、その後YouTubeが生活に浸透する中でYouTube有料の恩恵を一緒に受けられるGoogle Play Musicにしたりと迷走した結果、結局音楽コンテンツを専門としているSpotifyに戻ってくることとなりました。
やっぱり、音楽に注力している会社が作っているアプリであるだけに、めちゃくちゃ使いやすいんですよね。AppleMusicやGoogle Play Musicを経験したあとだとなおさら感じる洗練されたレイアウトとサクサクとした使い心地、とんでもなく「好み」にフォーカスした「メイド・フォー・ユー」(取り込んだアーティストや、聞いた楽曲の履歴のビッグデータから、そのアカウントの「好みそうな」曲を薦めてくる仕組み)が他のサービスと比較して圧倒的な完成度であると思い、一連を経験したあとに出戻った次第です。
触った人はわかると思うのですが、各サービスには「自分が所有している音楽データをアプリ内に取り込む仕組み」があるのですが(これにより、定額配信されていないアーティストの楽曲も、CDを経由してアプリに取り込めます)、何故かAppleMusicは「一枚のCDから取り込んだデータが2つ以上のCDデータとして分裂する(伝えにくいのですが、こうとしか表現できません)」、Google Play Musicは「アップロードしたデータが完全に重複して2つのデータになる」「アー写が見当違いなものとなっていることがある」というバグが使っている中で散見されました。
それらに比べたらSpotifyにはそういった類のバグが(私の扱う中には)なく、非常に信頼感が強かったわけです。
AppleMusicにしかないアーティストがいたり、Google Play MusicにはYouTubeにPVがあるアーティストをオフラインで取り込める(このことにより実質全てのアーティストが取り込める)という利点もあるのですが、それらを天秤にかけてやっぱりSpotifyに行きましたね。
個人的に好きながらも未だ対象となっていないアーティストにも是非とも対象となってほしいのですが(個人的には米津玄師とかマキシマムザホルモンが来てほしいです。つい最近nano.RIPEが対象となったのはすごく嬉しかった)、こればっかりは待つしかないですよね。
超王道なんですが、サブスクユーザーにならなければ、超王道ではあるんですが、あいみょんとかOfficial髭男dism、King Gnu、ずっと真夜中でいいのに。とか聴くことはなかったですよ。これらには本当にハマって運転時のヘビロテになっているので堪えがたい出会いでした。

その中でも一番は「ずとまよ」こと、ずっと真夜中でいいのに。です。アルバム発売時のPVを埋め込みますので、みんなも一度、是非に。

【遊戯王】ラッシュデュエルカードのデザインの妙を語ろう

ご存じの方がいたりいなかったりしますが、私はかつてヘビーな遊戯王プレイヤーでした。
もうそこからは完全に離れているんですが、それでもなんとなく情報が入ってきて、そこで「ラッシュデュエル」たるこれまでの遊戯王とは別路線のゲームが生まれることを知りました。
そのカードを公式アカウントで見たんですが、それに「集大成」を、「ノウハウの結晶」を感じたんですよね。
このゲームがこれまでの遊戯王を塗り替えて主軸になるのかはわかりません。アニメのことも現環境のこともわかりませんからね。
でも、「何もゲームのことを知らない」「かつてのプレイヤー」視点として語ってもいいのかな、と思いました。続きから、思いの丈を語らせてください(基本的には公式アカウントのツイートから画像を引用します)

続きを読む