コナミの決算から見る、「紙」と「リンクス」の遊戯王のチカラ(2018年編)

毎度お馴染みの枕詞ではあるのですが、私はかつてコナミっ子でした。遊戯王を筆頭に、音ゲー・マジアカ・パワプロ等、コナミ発のコンテンツをこぞって愛し、特に遊戯王においては一家言あった時代もありました(過去)
しかし、今の私はそれについていってはいません。だから、カードゲームとしての中身を語ってもぺらっぺらのロジックにしかなりません。
しかし、私は経理で飯を食っています。その観点で語るうえにおいてはそうそうズレはしないと思っていることから、度々執筆させてもらっています。

リンク召喚の導入は劇薬でした。コナミの決算におけるデジタルエンタテイメント事業の屋台骨をどっちに転ばせてもおかしくない革命だったと思います。
実際その導入は、どう数字的に働いたのか。精査していきたいと思います。

 

続きを読む

ハイカライブにシオカライブほどの熱量を感じなかったのはなぜか

先週末、2018.2.10-11のニコニコ闘会議でスプラトゥーンのMCキャラクター「テンタクルズ」「シオカラーズ」におけるライブイベント『ハイカライブ』が開催されましたね。
このイベントは2016年に行われた「シオカラーズ」の単独イベント『シオカライブ』に続く第二弾であり、二次元キャラクターを透明モニターに写し、さも実在化しているかのようなライブを行う、クールジャパンの先端のようなライブです。

お時間があれば、是非どちらも見てほしいですね……。

何回聞いてもスプラトゥーン好きにはたまんないコンテンツです。
そしてここでタイトルなんですよ。よくよく聞くと、客の熱量に差があるように感じませんか? どうにも、2016年の『シオカライブ』の方が熱量が高いような……?
以下、続きから。

 

続きを読む

「QMA ロスト・ファンタリウム」リリース ここが良いとこ悪いとこ

携帯アプリゲーム「クイズマジックアカデミー ロストファンタリウム(以下、「QMAリウム」といいます)」がリリースされました。このゲームは、ゲームセンターで稼働中のクイズゲーム「クイズマジックアカデミー(以下、「QMA」といいます)」を携帯ゲームとして楽しめるように調理されたスタンスのゲームであり、QMA特有のクイズ方式も基本的にはほとんど楽しめることから、往年のファンにも十分満足をしてもらえるゲームとなっています。
……含みがあるような表現に見えますか? はい、含みは、あります。タイトルにも示したように、褒めたいところと批判をしたいところがどうしてもある、仕上がりになっています。
私自身QMAシリーズは5〜天の学舎まではかなりヘビーにプレイしており、そこから先もプレイ時間はともかく興味は継続している、かなり愛好しているタイトルです。だからこそ語りたいところがあるので、プレイを考えている方は続きからどうぞ。

 

続きを読む

ヘッダーバナーを更新いたしました(2017〜2018年冬期)

ダレムくんご提供の、当サイトヘッダーバナーを更新いたしました。
テーマはデジタルカードゲーム2種から。「ハースストーン」の『ジェイナ・プラウドムーア』と「ドラゴンクエストライバルズ」の『テリー』です。
複数記事を執筆しているほど、このジャンルははまっております。かつては遊戯王、そして今は。これは、血ですね?

今季ヘッダーバナー

ぼくと株式投資の備忘録(2017年編)

ツイッターをご覧になっている方には周知のところがあるのですが、私、2017年夏頃から株式投資をやり始めています。
実は大学生時代にほんのちょびっとだけの原資でやっていたのですが、色々あって50%位減らしてしまって心が折れてしまい、もうやらねえ!と思っていたんですよね。
ちなみに、その時スクエニも持っていたのですが、今持ってると2倍になってるんですよ。ままならねえな?

さて、そんなトラウマもあったのですが、職業経理人になった立場。色々知識も増えてるし、捨て銭にできる程度の収入はあるわけだから、いっちょ仕掛けてみましょうか、ということで始めた次第です。
結論から言いますと、平成29年の所得は+2万円です。桁を間違ってません。
はっきり言って、動かしている原資に比べると雀の涙なプラスなんですが、今思い返すと結構危ない橋を渡っており、よくこれでプラスで乗り切ったな!とヒヤヒヤしています。

続きから、手を出した銘柄のうち、印象深いものを取り上げています。
スキャルピングもやってはいましたが、基本的には中長期保有のなかから取り上げています。

 

続きを読む