【140 over tweet】スマブラは、ファンの要望を叶えすぎたかもしれない

beyoつい先日、「大乱闘スマッシュブラザーズ4」の特番の最終回が放送され、最後となる追加キャラクターであるカムイ・ベヨネッタが明らかとなりましたね。同時にゲストキャラクターであるクラウド(FF7)がついにアップデートされました。
スマブラは64時代から好きだったのですが……しかし、実は4はあまり起動していません。どうしてなのかなあと考えてみたのですが、これ、サービス精神がありすぎた結果、お腹いっぱいになっちゃったのかな……と思いました。
スマブラ4の他メーカーゲストキャラクターであるパックマン・ロックマン・リュウ・クラウドは、スマブラXでゲストキャラクターであるソニック・スネークが登場したときから「こういう参戦がありなのだったら、出てほしい!」と言われていたキャラクター。アンケートで汲み取り、それを調理した結果と言えます。ただし、これをやると諸刃の剣というか、次のハードで出すときどうするんだろう、という不安があります。
ある種の「切り札」を使った結果。もちろん、他にもゲスト参戦できる格となるキャラクターはいっぱいゲーム界におれども、今回ほどのインパクトはないと思います。
ベヨネッタのチョイスはやるなあ!と思いました。あのキャラクターはもう、版権の移動の結果任天堂傘下なんですよね。アクションに華があり格ゲー向き、任天堂ブランドを背負える参戦だと思いました。
もちろん次作においても「インクリング(スプラトゥーン)」のように任天堂を背負える新規キャラクターはいます。また、「ダックハント」のようにレトロ路線参戦もまだまだ弾があるでしょう。
しかし、もっともっと新規IPを育てるのが急務です。任天堂が大好きなだけに、次のスマブラは期待と不安が入り混じります。

 

SNSでもご購読できます。