めたぽ的、2016年このマンガがスゴい!(1〜3位)

koma2016前回記事の、続きです。

【関連記事】
めたぽ的、2016年このマンガがスゴい!(8〜10位)
めたぽ的、2016年このマンガがスゴい!(4〜7位)

[table]
[table_row]
[table_cell]第1位[/table_cell][table_cell]ナナマルサンバツ[/table_cell][table_cell]ヤングエース[/table_cell]
[/table_row]
[table_row]
[table_cell]第2位[/table_cell][table_cell]3月のライオン[/table_cell][table_cell]ヤングアニマル[/table_cell]
[/table_row]
[table_row]
[table_cell]第3位[/table_cell][table_cell]だがしかし[/table_cell][table_cell]週刊少年サンデー[/table_cell]
[/table_row]
[table_row]
[table_cell]第4位[/table_cell][table_cell]ACMA:GAME[/table_cell][table_cell]週刊少年マガジン[/table_cell]
[/table_row]
[table_row]
[table_cell]第5位[/table_cell][table_cell]暗殺教室[/table_cell][table_cell]週刊少年ジャンプ[/table_cell]
[/table_row]
[table_row]
[table_cell]第6位[/table_cell][table_cell]僕のヒーローアカデミア[/table_cell][table_cell]週刊少年ジャンプ[/table_cell]
[/table_row]
[table_row]
[table_cell]第7位[/table_cell][table_cell]ゆうべはおたのしみでしたね[/table_cell][table_cell]ガンガンオンライン[/table_cell]
[/table_row]
[table_row]
[table_cell]第8位[/table_cell][table_cell]天賀井さんは案外ふつう[/table_cell][table_cell]月刊少年ガンガン[/table_cell]
[/table_row]
[table_row]
[table_cell]第9位[/table_cell][table_cell]プラチナエンド[/table_cell][table_cell]ジャンプSQ.[/table_cell]
[/table_row]
[table_row]
[table_cell]第10位[/table_cell][table_cell]ReLIFE[/table_cell][table_cell]漫画アプリ COMICO[/table_cell]
[/table_row]
[/table]

 

nanasann

第3位、「だがしかし」。本家ランキングでも入ってきてますが、これは面白かった!
サンデーの漫画ってある種独特のカラーがあって、これまではまることがそれこそ名探偵コナン以外なかったところはあるんですが、よかったです!
ギリギリ駄菓子屋が存在した世代(実家の田舎さと年がバレる)なので、テーマとなる駄菓子も割と馴染みがあり、取材に裏付けされた駄菓子トリビアと活かし方も絶妙です。
夏祭り編がよかったな〜と思うと、サヤ師のド王道ツンデレいいっすよね。私はサヤ師派です。

 

第2位、「3月のライオン」。「クソ父親編」。本当によかったですね。
あまりにも不遇な三姉妹と、それにたてつく桐山。将棋のプロという大人の世界で生きてきた子供だからこその啖呵。
クソみたいな父親を完全にいなしきったところで、かつて「彼氏彼女の事情」を読んだ時の読後感を感じました。
「モヤモヤが晴れたとき、ため息を付きたくなる漫画」。そう思いました。
日々が鬱屈していると自覚のある方には、是非読んでほしいです。

 

第1位、「ナナマルサンバツ」。「高校生クイズ」を舞台としています。
知ってる方は知ってるんですが、私毎年この漫画を推していて、どんどん加速度的に面白くなっていると思います。
私も「クイズマジックアカデミー’「アンサーアンサー」をよく遊んだクチなので、この「クイズはテクニック&スポーツ」という感はすごくわかり、まさに「文化系スポ根」たる友情努力勝利は染み入ってきます。
「例会」編で一つのピークを向かえ、修行編は地味だったのですが、今の「SQ.予選」編は周りのキャラもいい感じに出張ってきてさらに楽しみになっています。
アニメ化・ドラマ化どっちにも映える、「画面映え」するコンテンツなので、そっちも実は楽しみにしていたり……。
まだまだ「本戦」編が控えてるとなると、目が離せないですねえ。

 

  

SNSでもご購読できます。