めたぽ的、2016年このマンガがスゴい!(8〜10位)

koma2016私、漫画は結構読みますし、社会人になった今でもジャンプが愛読書です。
でも、広く浅く読めない性格であることから、なかなか掘り出し物とかは見つけられず、ある意味好きなモノを羅列しても「王道」に拠ってしまっているきらいはあるかもしれません。
つい先日「このマンガがすごい!2016」が発表され、当該ランキングにおいては実は一部を除いて読んだことがないような漫画ばかりだったのですが、それは置いといて、個人的なソレを数度に分けて書きたいなと思います。

 

 

[table]
[table_row]
[table_cell]第1位[/table_cell][table_cell]?[/table_cell][table_cell]?[/table_cell]
[/table_row]
[table_row]
[table_cell]第2位[/table_cell][table_cell]?[/table_cell][table_cell]?[/table_cell]
[/table_row]
[table_row]
[table_cell]第3位[/table_cell][table_cell]?[/table_cell][table_cell]?[/table_cell]
[/table_row]
[table_row]
[table_cell]第4位[/table_cell][table_cell]?[/table_cell][table_cell]?[/table_cell]
[/table_row]
[table_row]
[table_cell]第5位[/table_cell][table_cell]?[/table_cell][table_cell]?[/table_cell]
[/table_row]
[table_row]
[table_cell]第6位[/table_cell][table_cell]?[/table_cell][table_cell]?[/table_cell]
[/table_row]
[table_row]
[table_cell]第7位[/table_cell][table_cell]?[/table_cell][table_cell]?[/table_cell]
[/table_row]
[table_row]
[table_cell]第8位[/table_cell][table_cell]天賀井さんは案外ふつう[/table_cell][table_cell]月刊少年ガンガン[/table_cell]
[/table_row]
[table_row]
[table_cell]第9位[/table_cell][table_cell]プラチナエンド[/table_cell][table_cell]ジャンプSQ.[/table_cell]
[/table_row]
[table_row]
[table_cell]第10位[/table_cell][table_cell]ReLIFE[/table_cell][table_cell]漫画アプリ COMICO[/table_cell]
[/table_row]
[/table]

 

第10位、無料漫画アプリCOMICOから。「RELIFE」は同アプリ内では一番人気を誇り、昨年から実は読んでいました。
ただ、私個人として同アプリ内では、「ネト充のススメ」の方が面白いと思っていたのですが、作者急病により長期休載となってしまったことから、追随してこれを挙げさせていただきました。
読んでいる時は全く意識してなかったのですが、COMICOって実は「少女漫画アプリ」なんですよね。
公式的にはそういう風に公には謳ってないのですが、作品傾向・絵柄・テーマがどう見繕ってもそちら方向ですし、「RELIFE」も恋愛漫画です。
ただ、薬を飲んで若返るというファンタジー要素と適度な鬱要素が絡まり合い、スパイスとなっていることから、男でも読みやすい作品かなとなっています。

 

第9位、「プラチナエンド」。小畑健・大場つぐみという大好きなコンビによる第三作。まだ執筆日段階で2話の状態ですが、すごく気にしています。
ここまでの展開を見るに、バトル・ファンタジー・恋愛・ミステリー・ロジックバトルどれにも転がせそうな展開であり、下準備はうまいなあと思いました。
それゆえ、転がし方次第では器用貧乏にもなりかねないとは思うのですが、あの大場つぐみです。そこはしっかりがっつりやってくれるでしょう。
基本的にはジャンプ本誌でやってほしかったんですが、何か訳があるんでしょうかね?

 

amagai第8位、「天賀井さんは案外ふつう」。水野英多・城平京というこれまた大好きなコンビ。
このコンビによる作品は、「スパイラル」シリーズ以来で楽しみにしていました。
すっかり伝奇ファンタジー作家になっている城平京ですが(虚構推理路線ですね)、これまた今のところ妖怪チックな風情はあれども、どういう方向に転ぶかわからない伝奇作品です。
しかし、城平京作品はどれもこれもエンジンかかったわけわからない転び方してると思います。
なので、来年一年でどうなるか、期待しています。

 

近日4〜7位、更新します〜。
(※毎年思ってるんですが、年度表記が翌年となるランキングなので、ややこしいんですよね……)

 

 

SNSでもご購読できます。