ゲーム(その他)

冬のゲームプレイ日記 〜十三機兵防衛圏編〜

はじまりは、この公式からの一報でした。

スマブラでおなじみのディレクターである桜井政博に大絶賛をされたゲームがある、と。
そりゃもちろんファミ通掲載コラムであることからマーケティングであるという側面もあるだろうし、真に受けずに構えるべきところはあるかもしれません。
しかし有象無象の業界人と違い、その発言の真贋が自身の今後の信用力にかかってくるである次元の知名度があるディレクターである桜井政博の絶賛とあっては、生半可ではないと思ったのです。

「特徴的なシナリオの見せ方」
「映画や小説のお話は基本的に”線”。サウンドノベルはそこに縦軸を加え平面的に」
「十三のシナリオは立体的。3Dになっているかのような構成」
「13人の主人公がいて複数の時代の彼らがいて最初は混乱し把握が大変だったがプレイし続けると組みあがっていき理解の楽しみ、その深さに驚く」
「時間軸も時代も人も絡めた多元的な構成はどうやって組み立てたのかとさえ思う」
「それでいて行動原理の描写に一貫性がある」
「多くの作品のオマージュが含まれているがそれを隠そうとしないのが潔い」
「舞台設定はとあるアニメの落ちと同じで描くだけでネタばれ」
「シミュレーションパートを分けたのも大正解」
「アーカイブ機能も必要最低限で最大の効果。よくできている・・・」
「こういった見せ方は無限の可能性がある。ただし普通は真似することすらできない。唯一無二」
「こういった作品が今まで世に出ることは無かったし続くものが出るとも思えない。遊ぶなら今しかないのでは!!」
(※「ゲームよりどりサブカルみどりパーク」の概略解説より引用

ここまで語っている作品、無視するわけにはいかないじゃないですか!?
なら、体験してやろうじゃないか!と発売から2ヶ月が経った1月に購入し、1ヶ月かけてゆっくりと攻略、ついに全貌を読み遂げました。
「そのとおりでした……(脱帽)」というエンディング後の脱力感と充実感。凄まじいレベルの縦軸をよく破綻なく紡ぎきったなあという感嘆。もっと色々あるんです。続きからさらに熱く語ってみます。(ネタバレは一切ありません)

続きを読む

冬のゲームプレイ日記 〜デス・ストランディング編〜

2019年秋、ゲーマー垂涎の超大作ソフトが多数発売されましたね。その中にはそれこそ開発発表時から期待したものもあれば直前もしくは発売後に興味を持って一気に引き込まれたものもあります。
プレイしてみてせっかくだから足跡を残したいなというところもありますので、記事をしたためます。
確定して書きたいのは今回含めて3つなのですが、もしかしたら増えるかもしれません。前置きはこれくらいにして、早速ですが本題へ。題名の通り、今回のテーマは「デス・ストランディング」です。

 

続きを読む

育成シミュレーションの名作「モンスターファーム」の移植は【???】への布石ではないか(邪推)

ここにきてオールドゲーマーとしては「おっ」となる情報が最近発表されました。
それがシミュレーションゲーム「モンスターファーム」のスマホ及びニンテンドースイッチへの移植。昨今の皆様には馴染みが薄いかもしれませんが(なんてったって家庭用ゲームとしての最後の展開が2010年サービス終了したオンラインゲーム「モンスターファームラグーン」なので、家庭用へのプラットフォーム展開としては9年ぶりとなります)、ひと世代前に遡ると、かなり評判の高いシミュレーションゲームであることには異論がないと思います。

 

続きを読む

「プリンセスコネクト!Re:Dive」にガチハマリしているおはなし

ここ最近、一本のアプリゲームにハマりだし、そしてそのハマリは現在でも継続しています。
それがタイトルにも取り上げた「プリンセスコネクト!Re:Dive(以下、「プリコネ」もしくは「リダイブ」といいます。)」。タイトルだけではピンとこない人もいるかもしれませんが、年始に「Vtuber風美少女キャラクターが『ヤバイわよ!』『ヤバイですね☆』ってしゃべってたCM』のゲームって言われたら、思い出す人もいるかもしれません。

ジャンルは『剣士や魔法使い的な女の子を育成して戦闘等コンテンツに駆り出し、その活躍を眺める』ファンタジー世界感あるゲーム、艦これとかアズールレーンとかそういう路線が近いのかな?というところです。
はっきり言いましょう、人によれば「うっ(嫌悪感)」という感情を露骨に示されるジャンルでしょう。わかります。だからこそ私も存在を知っていながら手を付けることはなかった。
私自身この手のスタミナゲーはこれまで相性が良くなく、メジャーどころのパズドラやDQMSL、FEH等一通り遊びながらもしっくりこず定着がしなかった実績(?)があります。
しかし、そんな状況にありながらプリコネにははまった。これには、このゲームの『よくできている』が波状攻撃のように私に適応していったという大きな理由があったから。
「続きを読む」から魅力を語ってみますので、やってない人もちょっとこのゲームの一端を覗いてみませんか?

続きを読む

ゲームアプリ「ダンジョンメーカー」という快作へ送るレビュー

つい先日、タイムラインを賑わせた一本のゲームがありました。
それが「ダンジョンメーカー」。聞くところによると、ダンジョンにモンスターを設置し勇者(このゲームでは「勇士」と称されてますが、日本での知名度上の便宜を考え、記事上では「勇者」と表現します)の侵略を防ぐ、日本で「勇者のくせになまいきだ。」(以下、「ゆうなま」といいます。)シリーズが走らせた基軸を、アプリとして練り上げた作品である、と。
それだけなら、所詮二番煎じだろう……となりそうですが、タイムラインの熱量が半端なかった。

グラフィックがドット・キュートで懐古ゲーマーをそそらせる。テンポが良くやめ時を失う。運と戦略のバランスが絶妙。
飛び交う中毒者のツイートに「おいおいこれは半端じゃねえな」と思い、気がついたときには、購入してしまいました。

なんてったって、360円。昨今基本無料のガチャゲーが全盛であることを考えれば、有料ゲームに一歩踏み出すのは中々勇気がいるのですが、本来ゲームってのは5000円とか払ってやってたじゃないですか。
いつからぼくらはゲームに対し数百円をケチりながらも、3000円をさくっとガチャにポイ投げするダブスタ民族になったのだろうか。
ある意味、王道だと考え、踏み出してみました。ここからは感想です。
購入に一歩踏み出そうとしている方の後押しになれば、と筆を執っています。

 

続きを読む