任天堂

【140 OVER TWEET】ゲームの祭典「E3 2019」の情報を見てわくわくがとまらないおはなし(任天堂その他編)

前編ではスマブラ一点に絞って思いの丈を示させてもらいましたが、他にも任天堂の発表において楽しみにする作品はあります。
その一つが「ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド(以下、「BOTD」といいます。)」の続編発表。学者然としたゼルダ姫(編み込みボブ)が松明を持ちリンクとバディを組み、ガーディアンを従えて探検をする様子は、BOTDの中で語られている「写し絵の記憶」やカッシーワの語りの中でいわれる過去の世界観に迫るものであり、まだまだ情報は少ないですが、続編は1作目のBOTDにつながるまでを語る前日譚となるものと見受けられます。

しかし、BOTDは本当に恐ろしい作品だった。実はトライフォースすらプレイしていない、ゼルダ世界に関しては初心者の私ですら圧倒的な密度で描かれる柔らかいオープンワールドに陶酔し、全世界でもその自由度を評価して色々なテクニックが今でも発表される熱度を垣間見て、「スーファミのマリオワールド」「64のマリオ64」に迫るものじゃないかとすら感じました。
良くも悪くも昨今のゲームはバグに不寛容であり、商品としてのクオリティが最重要視される時代に、バグではなく「仕様」で紡がれる人外テクニック(最たるものは「高速飛行」。ビタロックと爆弾を使用する丸太飛ばしのテクニックですね)にあえて寛容さを見せた懐が深いゲームであり、続編がどのように描かれるか楽しみでなりません。

そして、私が愛してやまないスプラトゥーン2! ついに、ラストフェスの詳細が発表されましたね!
お題は「スプラトゥーン3に望むのは 「混沌(カオス)」か「秩序(オーダー)」か」。発売目からアップデートは2年間と告知されており、それ自体は1の時からの手法だっただけになんらがっかりもありません。満足しています。
しかし、ここから空白の期間となってしまい、今や押しも押されぬ任天堂の大看板だけに、3発売までどう熱意を保っていくかを懸念していましたが、ここでじわりと伏線を撒いてきましたね!

当然、発売まではまだまだかかるでしょう。Switchソフトとして出るかどうかすらも言い切れないと思います。
しかし、今回はWiiUとは事情が違います。スプラトゥーン1はWiiUの発売から3年後である2015年5月に発売され、もはやハードとしては円熟期ですらあるころでした。
しかし2は2017年7月の発売、なんとSwitch発売から4ヶ月。もはやローンチとして見てもいいくらいの迅速さです。まだまだハードとして任天堂の花形コンテンツを出しきっていない(発売日が決まった「ポケモン」の他「マリオカート」「どうぶつの森」等)成長期であることを考えれば、今ハード中にもう一作出すのではないかと考えます。
希望的観測ではありますが、これまでも「各ハードに各IPは2回出さないだろう」と思っていたことを裏切られたことがありました。Wiiの「マリオギャラクシー」シリーズが2作出たことがあったので、そこには希望を持っていいのではと思います。

また、スプラトゥーン2のラストフェスは「オクト・エキスパンション」のステージギミックが使えるということを考えれば、音楽は間違いなく「フライ・オクト・フライ」〜「フルスロット・テンタクル(Octo)」なんでしょうね!
ツイートを見る限り、相当凝ってることが予想されるフェスなので、プレイできることがすごい楽しみですね!

任天堂は続編そのものの発表は「割と出来上がってから」出してくる印象があるので、BOTDの続編はそこまで遠い話ではないかなと思います。
しかし、既に発表されているIPの発売の絡みがあり、それらを被せてこないだろうなと考えると

  • ポケットモンスター ソード/シールド 2019年11月15日 (確定)
  • あつまれ どうぶつの森 2020年3月 (確定)
  • ゼルダの伝説 BOTD 続編 2020年夏〜秋 (予想)
  • スプラトゥーン3 2020年冬 (予想)
  • マリオカート据え置き機 続編 2021年春 (予想)

あたりで言うだけはタダな予想をしておきます。実はPS4にも「絶対やりたい!」なソフトが控えており、これらのスケジュールの合間にねじ込まれたら嬉しい悲鳴なんですが、この記事もまた長くなってしまいましたので、続きはまた次回に語りたいと思います。

【140 OVER TWEET】ゲームの祭典「E3 2019」の情報を見てわくわくがとまらないおはなし(スマブラ編)

アメリカでこの時期に開かれるビデオゲームの最新情報発表会「E3」。今年も開催され、ここで発表される情報はフラグシップタイトルにかかるものも多く、その後1年のゲーム業界を引っ張るニュースが多いです。
私も遅ればせながら本日の午前1時に発表された情報を見て(アメリカ時間の日中を前提とした発表ですから仕方ないですね)、数分おきにびっくりしていました。
このサイトでは特に「任天堂」と「スクエニ」に」によってて、今回特に惹かれた情報もその2社なんですが、色々「考えさせられるものがあるなあ」と思いました。ちょっとずつ頭を整理しつつ語りたいと思います。雑記ですよ。

まずは「大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL(以下、「スマブラ」といいます。)」。シーズンパスの新キャラとしてドラゴンクエストシリーズから「勇者」とバンジョー&カズーイシリーズからの「バンジョー&カズーイ(以下、「バンカズ」といいます。)」の参戦が発表されました。
このチョイスは「その手があったか!」と膝を打たされました。「そのキャラが!?」という感想ではなく、「その手があったか」です。
というのも、バンカズって日本であまり馴染みのないキャラクターなんですよね。

『バンジョーとカズーイの大冒険』(バンジョーとカズーイのだいぼうけん)は、レアが開発、任天堂から発売されたNINTENDO64用コンピュータゲームである。英語版の名称はBanjo-Kazooie。(中略)
『ディディーコングレーシング』に登場したクマのバンジョーと本作初登場の鳥のカズーイが冒険に出る物語。2匹が文字通り一心同体となって行動するという冒険形態が特徴の作品である。アクションゲームであるが、アクション性より謎解き・人助けといった要素を重視した作風はその後の同社作品の基となった。基本的なシステムは『スーパーマリオ64』を参考に作られており、箱庭タイプのステージ内に散らばった「ジグソー」「音符」を収集し、一定数を集めると次のステージへの道が開く。また、使うたびに残量が減るアイテムなどスーパーマリオ64には存在しない独自のシステムも多い。(Wikipediaより引用

発売日は1998.12.6。なんと前世紀のソフト。私の世代にはギリギリ馴染みがありますが(世代がばれる)、今回のスマブラを買うメインたる層にとってはダックハントと同じレベルのレトロ域といっても差し支えがありません。
そういう意味では日本からの参戦支持はお世辞にも高くなかったキャラクター。しかし、このキャラクターは、海外からの支持が異様に高く、単純にその支持から参戦がされるのではないからという噂もありました。


しかし、込み入ったことを言うと確かにこのゲームは任天堂から発売されたゲームであり、定義的には自社IP。ただ、開発をした「レア」社(スーファミ時代の「スーパードンキーコング」シリーズで有名ですね)は現在マイクロソフトに傘下があることから、そこの権利調整はやはり大変だと思うのです。
でも、そこを実現したのが熱意か。海外超ニッコリだと思っております。
一方、ドラクエシリーズの「勇者」の参戦。これは「ドラゴンクエスト11S」のSwitch版発売が秋口に迫ることを考えたら十分予想できた参戦だったな〜!と思いました。
しかし、それを阻んでいたのが知名度のジレンマ。日本では圧倒的な知名度があるドラクエシリーズですが、お世辞にも海外に訴求できるタイトルとは言えないところがあります。(DQ11は海外50万本程度だそうです)
「ソニック」「スネーク」「パックマン」と、ゲストキャラクターは海外への意識が感じ取られるチョイスとみられるだけに、びっくりしました。
でも、これをバンカズと合わせてみたら「海外のバンカズ」、「日本のドラクエ」で均衡をとったとも解釈でき、『きれいに収めてきたなあ』という大人の事情さえも感じられる美しい着地と思うことしきりでした。

ぶっちゃけ、今回の追加参戦発表、私は「キングダムハーツ」の「ソラ」だと予想していました。
つい最近発売された有力タイトル、海外人気も高く、剣撃と魔法のアクションは非常にスマブラ向きの華のあるアクション、コスチューム多数。「素質」がありすぎるじゃないですか!
しかしこの予想の反証として強すぎる「キングダムハーツはディズニーの著作物」という点から、やはり残念ながら予想を外しました。スクエニ一派ならともかくディズニーが相手では難しいでしょうね……。

なお、これでシーズンパスキャラクターは4つ発表された形。バンカズという人気があったのに参戦しなかった「最後の砦」が参戦したとなると、残りは「ジーノ(スーパーマリオRPG)」をやはり希望したいところですね。
スピリットモードでの参戦があるから厳しいかもしれませんが、あくまでそこは別枠と捉えて、残り一枠の予想をおったてておきます!

……スマブラだけで2000字超えてしまって、想像以上にE3感想膨らみそうなので、他のタイトルは次回に取り上げたいと思います〜。

テンタライブはハイカライブの反省点を全部ヌリ潰したパフォーマンスだった

今更ですが、何度でもいいますが、私はスプラトゥーンが大好きです。
4桁時間以上はゆうにプレイしますし、サウンドトラックも買いますし、アミーボも買ってます。
コンテンツそのものも勿論ながら、その世界観に陶酔しており、極めつけのコンテンツがニコニコ闘会議で行われているライブコンテンツ「シオカライブ」「ハイカライブ」「テンタライブ」。
この世界におけるMCであるキャラクターコンビがソリッドビジョン的投影とともに歌をうたうクールジャパンここにありなコンテンツです。

2019.1.26におけるニコニコ闘会議においてテンタクルズの単独ライブ「テンタライブ」が行われて……なんというか、もう、たまんなかった……。YouTubeにおいて公式配信されているので、まずは見てほしいですね。

しかし、その一方前回のライブにおいて演出に疑問があってこういった記事を書いていたのも事実。

前回は結構辛辣な思いがあっただけに、今回の満足感は相当なもの。なぜそこまで差が出たのでしょうか。「続きを読む」からタイムスタンプに則って文章に落とし込みたいと思います。

 

続きを読む

【140 OVER TWEET】スプラトゥーン2ミュージックへの愛情 ABXYの鼓舞するところ

過去に「【140 OVER TWEET】スプラトゥーン2ミュージックへの愛情 マストはテンタクルズではなく……?」という記事を書き、スプラトゥーン2におけるジャズサウンド表現についてラブを振りまいていたのですが、その第二弾です。
ゲーム内バンドに「ABXY」というものがあり、公式の表現を引用すると「イソギンチャク女子ボーカルの独特なキャラクターとピコピコサウンドでイカ界のヒットチャートを爆進中の4人組だ。」とあります。
ABXYというバンド名はおなじみ任天堂ハードのコントローラーの4つのボタン名から取っていつつ、そのまま読み方として「アビクシー」とかにも取れる、とてもいいネーミングですね。
この世界の「ボーカル」というのはいわゆるイカ語ですので、前回紹介のカレントリップに比べたら「ザ・スプラ」なサウンドとなっています。
折角なので、公式からサンプルを紹介したツイートを引用しますね。(1つ目はスプラ1初登場時、2〜3つ目は昨今の大型アップデートでスプラ2に搭載された新曲です)

1のときはピコピコ感の中にクールさを残していたサウンド。2はそれがキュートに明るい方向に持っていってる気がしませんか?
おそらくはクール成分がテンタクルズに持っていかれてるから、方向を「こっち」に寄せたと思うんですよね。
ぱっと浮かんだのは「いきものがかり」と「Perfume」的なアッパーサウンド。J-POPのツボ感ある音楽で高揚感があり、このサウンドが流れた時の勝負は非常に内心盛り上がっています。
カレントリップが観戦に向く「外向き」ナンバーと評するなら、一方ABXYはプレイヤーに向けて鼓舞をする「内向き」のナンバー。
ゲーム性はもちろん世界観においても非常に緻密なバランスを表現してくれているスプラトゥーン。
近日中には拡張パック「オクト・エキスパンション」による掘り下げも用意されており、まだまだこのゲームには底が見えません。
Switchをお持ちの方は、本当に買って楽しんで頂きたい一本です。

  

ハイカライブにシオカライブほどの熱量を感じなかったのはなぜか

先週末、2018.2.10-11のニコニコ闘会議でスプラトゥーンのMCキャラクター「テンタクルズ」「シオカラーズ」におけるライブイベント『ハイカライブ』が開催されましたね。
このイベントは2016年に行われた「シオカラーズ」の単独イベント『シオカライブ』に続く第二弾であり、二次元キャラクターを透明モニターに写し、さも実在化しているかのようなライブを行う、クールジャパンの先端のようなライブです。

お時間があれば、是非どちらも見てほしいですね……。

何回聞いてもスプラトゥーン好きにはたまんないコンテンツです。
そしてここでタイトルなんですよ。よくよく聞くと、客の熱量に差があるように感じませんか? どうにも、2016年の『シオカライブ』の方が熱量が高いような……?
以下、続きから。

 

続きを読む