(デジタル)カードゲーム

すごいぞデジタルカードゲーム

昨今、デジタルトレーディングカードカードゲーム(以下、「DTCG」といいます。)がアツい時代です。
カードゲームはかつては「紙」の時代でマジック・ザ・ギャザリングや遊戯王を筆頭に一時代を築いており、今もその市場は強いですが、それと並び立つようにハースストーンやシャドウバース、WWE Supercard、遊戯王デュエルリンクスといった、デジタルデバイスによってカードゲームを行うゲーム(すごく回りくどく、表現が重なっています)もその市場を広げています。
私も、過去の記事でも複数執筆していますが、ハースストーンを継続プレイしています。過去は遊戯王とマジック・ザ・ギャザリングをアナログにプレイしていました。過去の経験と比較し、DTCGの強みが見えてきたので、羅列紹介してみようと思います。

 

続きを読む

コナミがゲームを切り離す未来 遊戯王も例外ではありません?

当文章は、元々ホームページ「めたつぼ」内執筆文章として2015.8.8にアップロードをしていた文章ですが、先日の『遊戯王に「リンク召喚」導入! 《大革命》が《終焉のカウントダウン》にならないか、《第六感》が働きました』のアップロードと一緒に見てほしい文章であったことから、こちらに移管することとしました。

続きを読む

遊戯王に「リンク召喚」導入! 《大革命》が《終焉のカウントダウン》にならないか、《第六感》が働きました

ふと昨日のツイッタータイムラインに気になる情報が流れてきました。
遊戯王の、大きなルール改正・新召喚方法導入……読みました。大枠を理解しました。
そのうえで、これはまずいのではないだろうかという気持ちが「元経験者」としてありました。
この度の文章はルール改正によるいわゆるカードゲーム的な考察とかは一切しません。伴う「事情」だけを注目して考えていきたいと思います。……が、ある程度遊戯王用語は出てきます。ただ、それら横文字を読み飛ばしても意図は伝わる文章となってはいるので、あまり気にせずお読み下さい。

 

続きを読む

現在のハースストーンのメタゲームは割と芸術的だと思う

別にハースストーン専属ブログではないんですが、結構取り上げる頻度は高いですね。
今回の記事は、「カードゲームのメタゲームの仕組み」について取り上げます。「メタゲーム」の単語について「?」な人は、読んでもわからない記事となっています。
(なお、私自身はランク10程度のプレイヤーです。MTG・遊戯王をやっていたことからの感想程度と受け止めてください)

続きを読む