140 over tweet

「140 over tweet」カテゴリ用サムネイルを新設します

おなじみ専属イラストレーターのダレムくんに、「140 over tweet」カテゴリ用のサムネイルイラストを描いていただきました。
左の「壺」はかつて遊戯王サイトを営んでいた時の自画像扱いだったモンスター《メタモルポット》であり、ハンドルネーム「めたぽ」の由来です。
なんだか久しぶりにこの造形を見た気がしますね!

テーマは「語りすぎてパニックになっている『めたぽ』を『ツイッターバード』がたしなめる」構図。
今後、過去記事にも置き換えをはかっていきますので、しばらくお待ちください。

【140 OVER TWEET】「シンゴジラ」「君の名は。」テレビ朝日放映に民放の底力を見た

この年末年始、「シンゴジラ」「君の名は。」という2016年の邦画界を席巻させた2本の映画が相次いでテレビ朝日系列で放送されましたね。
スクリーンで見てたのに、案の定もう一回見てしまいました。
その中で唸ったのが、放映方針だったんですよね。

シンゴジラは、まさに視聴者に配慮した編集。
民放である以上CMが入るのはどうしようもないことであるのですが、タイミングが絶妙でした。
盛り上がるタイミングでは絶対入れず(多分すごい入れたいと思ってたはず)、ちゃんとチャプターごとに一息を入れるタイミング、場面転換があるべきタイミングでCMを入れてくれたお陰で、むしろ視聴者が息継ぎをできるような配慮にすらなっていました。
2時間通しで見るより、このスタイルのほうがあっている方もいるはずです。

君の名は。は、それとは真逆。CMを徹底的に楽しませる方向へ振り切っていました。
長尺CMで明らかに君の名は。の縦軸を意識したストーリー型のCMが複数にわたってあり、特に「Z会 クロスロード」「Society 5.0」は秀逸でした。(もっとも、「クロスロード」は初出2014年であることを考えたら奇跡的なミッシングリンクですが)
Z会が秀逸すぎて、新作のはずのソフトバンクとデビルマンが霞んじゃいました。
ザッピングしてる視聴者は明らかに意識してるんですから、そのCMも食い入る様に見るでしょう。CMの狙うところドンピシャじゃないですか!
「田舎と都会」「遠距離」「先輩と後輩」「携帯電話」「クロスミッシング」のテーマを担うCMであれば、放映効果は特に高いんじゃないかなと思いました。

この2本は、テレビマンとしてのテレビ朝日の底力を見せつけた仕事だと思います。
映画を活かすための最大限のシナジーを狙うやり方を模索し、狙いははまったと思っています。

それを考えたら、フジの「アナと雪の女王」は本当に下手だったよなと思います。
エンディングにホームビデオをバックにしてLet It Goを流すとかいう控えめに見て狂った編集。
ディズニーファンを冒涜すらしてるんじゃないかと思っていました。

もはやテレビは独占メディアではない時代。
テレビマンのエゴを見せつけるのではなく、コンテンツを尊重してほしい。
凋落する局と、存在感を見せつけた局。その明暗を見せつけた一件なのではないかと、強く思いました。

参考動画 「Z会 クロスロード」「Society 5.0」

過去執筆記事

「君の名は。」は面白かったんですが、少しモヤモヤしました(2016.9.4)

【140 OVER TWEET】ボラがない国際的電子決済、頼むから普及してください

あえてこの時期にビットコインのことを語りますよ。
ビットコイン、今年の乱高下はすごかったですね。私は基本的にはビットコインへの投資には懐疑的であり、だからこそその急上昇を見過ごしたことについてとても悔しいです。
しかし、仕事柄ビットコインによって生じる所得における確定申告についての知識を要することから、身銭からほんのちょびーっとだけ「リップル」買ってます。入るタイミング的にはそれほど恩恵を得られていませんが、今非常にアツいようで、面白いですね。
株式投資が平日9〜15時しかやれないことを考えたら投機ジャンキーがはまるのもうなずけます。
(儲けが出たら雑所得として申告しましょうね。多くは言いませんが、申告してなくても、税務署にはバレてますよ)

もちろん投資をするにあたってただただイナゴするだけなら知識にならないので、色々ある仮想通貨の特性を調べてもみました。そうすると、価格変動の幅はあまり許容できないのですが、それぞれの仮想通貨そのものの適性や理念には非常に納得できて、ギャンブル的な要素を排除して基軸通貨として運営されてほしいなと強く思いました。
それぞれの仮想通貨のメリットデメリットは人に教授できるほど詳しくないので割愛します。
だけど、個人的に気持ちは「財布の中ですら、モノは少なくしたい」とミニマルによってることもあり、そろそろ現代経済において「貨幣・紙幣」は限界を迎えてるだろうと思っているので(偽造・衛生的に)、経済を全面的に電子化した時代は一刻も早く訪れてほしいです。
きっと近い未来は、現在国ごとに分かれている貨幣経済が、「決済」「金融」といった目的ごとに縦軸化された電子貨幣経済となるんでしょうね。
全ての取引をマネーレスに、とは言わずとも、せめてマネークリップのみ(紙幣とカードのみ)位で生活できる程度に、世界をオーバーホールしてほしいですね。

【140 OVER TWEET】スプラトゥーン2ミュージックへの愛情 マストはテンタクルズではなく……?

かねてから私はゲーム音楽については偏執的なほど愛情が深く、ここ数年来一番はまっているゲームであるスプラトゥーン及びスプラトゥーン2についてもその世界観とBGMにはまっています。
スプラトゥーンといえばいわゆる「イカ語」といわれる何を喋っているかわからないのに、でも耳コピできてしまうような不思議な歌声が魅力的であり、その集大成である「シオカラ節」は2年前の「みんなで決めるゲーム音楽」という有志ランキングにおいても見事1位を獲得するほどの魅力がありました。
スプラトゥーン2におけるMCを務めるコンビはシオカラーズからテンタクルズとなり、そのコンビが歌声を発揮する「フルスロットル・テンタクル」がかなりの人気を誇るだろうと確信していたのですが、それを一気に覆す楽曲が、きました。
2017.11.24の大型アップデートにより追加された楽曲「可憐なタクティクス」と「不意打ちのセオリー」。ゲーム内バンド「カレントリップ」により生み出されたピアノと管楽器による演奏である、ジャンルでいえばジャズ系のナンバーになると思います。
元々私、邦画のなかでかなりお気に入りとして上位な作品が「スウィング・ガールズ」であるくらいジャズの耳への吸い込みはいいのですが、カレントリップのナンバーはゲームの戦闘を鼓舞してくれる、かなり素敵な音楽と思います。

【スウィング・ガールズ あらすじ】
東北地方の山河高校の、落ちこぼれ学生だった友子ら13人の女子生徒は、夏休みの補習授業をサボるために、食中毒で入院した吹奏楽部のピンチヒッターに応募する。
唯一、食中毒を免れた気の弱い吹奏楽部員・拓雄の指導で、ビッグバンドジャズをはじめた友子らは、次第に演奏の楽しさに目覚め、ジャズにのめりこんでいく。しかし、吹奏楽部員が退院して復帰したため、あえなくお払い箱になってしまう。
2学期になると友子らは、演奏の楽しさが忘れられず、バンドを結成し、楽器を買うためにアルバイトで費用を稼ぎ、失敗と成功を繰り返しながら、ビッグバンドジャズにのめりこんでいく。(Wikipediaより引用)

とてもいい作品です。是非見てほしいです。

これまでのスプラトゥーンのナンバーは、イカ語を中心とした、「いかにもスプラトゥーン!」ってナンバーが殆どを占めており、それはそれでよかったのですが、2のナンバーは、そういう「らしさ」をあえて消し、e-sportsとして「観戦」させるのに映える音楽構成になっていると思います。同時に追加されたゲーム内バンド「From_Bottom」ももちろんいい曲なのですが、私は作業中にカレントリップを中心にBGMとするなど、鼓舞感を高めてくれる曲だと思っています。

法律的な絡みがあるので、アップされてるBGM動画とかは引用しません。表向きは「Splatune2」を買って下さい! ということで!
というか、聴いて下さい! 近年のゲームBGMの中でもかなりお気に入り上位でした!

【140 OVER TWEET】ぼくと有料定額サービス

唐突な自分語りシリーズをもう一つ。
「有料定額サービス」。月に一定の金額を支払い、サービスを得るコンテンツ。皆さんの生活にも定着してきたと思います。
でも、これへの支払い。最初の一歩が滅茶苦茶ハードルが高いんですよね。私も、はじめは「支払ってもとが取れるサービスなの!?」とか、ぎくしゃく考えていた節があります。

そんな私が今使っている定額サービスは「Amazon Prime(以下、「アマゾンプライム」といいます。)」と「Apple Music」「iTune Match」です。
かつてはこれに「ニコニコ動画」「ヤフオク!」もあったのですが、使用頻度の問題から契約を切りました。
アマゾンプライムは年額3,980円のサービスなのですが、もう絶対手放せない…! アマゾンを使っての買い物は、漫画のような手軽なものから、普段ウインドウショッピングでは中々実物が売っていないようなもの(先日の「ENEROID」もそうです。)を、近くに大型店がなくても容易にスピーディに買えるためヘビーユーザーなのですが、プライム会員は即日発送が無料です。ノーマルユーザーは一定額以上の買い物をしないと送料無料の恩恵が得られないのですが、プライムユーザーは漫画一冊でも無料。はっきり言って、これだけでも年額の価値はあります。
ぶっちゃけると、年額30,000円くらいであっても、しゃあねえなあとか言いつつきっと契約継続している位。それほどの破格のサービスだと思います。
それだけでもいいのに、プライム会員は、「Prime Video」。いわゆる動画サービスも無料で(厳密に言うと無料じゃないかもしれませんが)受けられます。
今となってはネットフリックスやHuluで生活に密着している動画コンテンツですが、それらが単体で有料サービスであることを考えれば「付属で」やっているアマゾンの強さをなおさら感じられます。

「Apple Music(以下、「アップルミュージック」といいます。)」は月980円で、契約されている楽曲が聴き放題となる定額サービス。当サイトでも度々そこで見つけたアーティストについて取り上げています。
「Mili」「パスピエ」はこのサービスを受けていなければ見つけてなかったですし、さらに「ForYou」という付加サービスで「似た系統のアーティスト」をAppleから提示してくれるので、芋づる式に好みの楽曲が見つかるのです。
CDを買う頻度は明らかに減りましたが(中には提供されていないものもあるので、その場合だけCDを買います。最近ではスプラトゥーン2のサントラ「Splatune 2」を買いました。)、これが近世代の音楽の楽しみ方なのではないでしょうか。
業界も、CDが売れないと嘆くのではなく、時代に即した付き合い方を考察してほしいものです。

「iTune Match」は、iTuneに登録している音楽をクラウド上で全曲管理し、ネットワークにさえ繋がっていれば異なるデバイスでもリストを共有、聞けるサービスです。
これ本当にずるいですよね。アップルミュージックで際限なくデータを取り込んでいるんだから、当然一括管理したい。ニーズに完全マッチしています。
自宅のWi-Fi下だけであれば「ホームシェアリング」という機能があり、サービスに加入しなくても共有できるのですが、出張が多い仕事であり、かくしてそういうビジネスホテルを利用しているときこそ「日常感」「静寂の紛らわし」が欲しいものです。
だとすると、やはりこれは必要なんですよ。年額3,980円。月300円を切り捨てるほど年収には困っていません。心の華をしおれさせないための必要経費です。(自問自答)

アマゾン、アップルと二大巨塔感はあります。最近のニュースで、年内に「AppleTV」と「PrimeVideo」が連携するというニュースがありました……。
こんなん、AppleTVも買うしかないじゃん……!

 新たにリリースされたアプリにより、「Apple TV」プラットフォームで「Amazonプライム・ビデオ」がサポートされるようになった。Appleは2017年末までにこれを実現すると約束していたが、その期限を目前に控えてついにその約束を果たした。
 Amazonプライム・ビデオのサポートは、Apple が6月に開催したWWDCで約束していた。GoogleがAmazonの「Fire TV」から「YouTube」を引き上げることを発表したこともあり、これでApple TVは「Roku」と並んで、最も柔軟性に優れたストリーミング機器の1つになった。Googleの「Chromecast」では、Amazonビデオはサポートされていない。
 Amazonは現時点でApple TVのハードウェアを提供していないが、AppleがAmazonのビデオアプリをサポートすることになったのを受けて、その状況も変わるのではないかという見方もある。しかし米国時間11月6日午前の時点で、Apple TVはAmazonでまだ提供されていなかった。
 Amazonプライム・ビデオのアプリは、Apple TVのアプリストアで検索すると見つけることができる。
CNET JAPAN 2017.12.7引用)