140 over tweet

【140 OVER TWEET】スプラトゥーン2ミュージックへの愛情 マストはテンタクルズではなく……?

かねてから私はゲーム音楽については偏執的なほど愛情が深く、ここ数年来一番はまっているゲームであるスプラトゥーン及びスプラトゥーン2についてもその世界観とBGMにはまっています。
スプラトゥーンといえばいわゆる「イカ語」といわれる何を喋っているかわからないのに、でも耳コピできてしまうような不思議な歌声が魅力的であり、その集大成である「シオカラ節」は2年前の「みんなで決めるゲーム音楽」という有志ランキングにおいても見事1位を獲得するほどの魅力がありました。
スプラトゥーン2におけるMCを務めるコンビはシオカラーズからテンタクルズとなり、そのコンビが歌声を発揮する「フルスロットル・テンタクル」がかなりの人気を誇るだろうと確信していたのですが、それを一気に覆す楽曲が、きました。
2017.11.24の大型アップデートにより追加された楽曲「可憐なタクティクス」と「不意打ちのセオリー」。ゲーム内バンド「カレントリップ」により生み出されたピアノと管楽器による演奏である、ジャンルでいえばジャズ系のナンバーになると思います。
元々私、邦画のなかでかなりお気に入りとして上位な作品が「スウィング・ガールズ」であるくらいジャズの耳への吸い込みはいいのですが、カレントリップのナンバーはゲームの戦闘を鼓舞してくれる、かなり素敵な音楽と思います。

【スウィング・ガールズ あらすじ】
東北地方の山河高校の、落ちこぼれ学生だった友子ら13人の女子生徒は、夏休みの補習授業をサボるために、食中毒で入院した吹奏楽部のピンチヒッターに応募する。
唯一、食中毒を免れた気の弱い吹奏楽部員・拓雄の指導で、ビッグバンドジャズをはじめた友子らは、次第に演奏の楽しさに目覚め、ジャズにのめりこんでいく。しかし、吹奏楽部員が退院して復帰したため、あえなくお払い箱になってしまう。
2学期になると友子らは、演奏の楽しさが忘れられず、バンドを結成し、楽器を買うためにアルバイトで費用を稼ぎ、失敗と成功を繰り返しながら、ビッグバンドジャズにのめりこんでいく。(Wikipediaより引用)

とてもいい作品です。是非見てほしいです。

これまでのスプラトゥーンのナンバーは、イカ語を中心とした、「いかにもスプラトゥーン!」ってナンバーが殆どを占めており、それはそれでよかったのですが、2のナンバーは、そういう「らしさ」をあえて消し、e-sportsとして「観戦」させるのに映える音楽構成になっていると思います。同時に追加されたゲーム内バンド「From_Bottom」ももちろんいい曲なのですが、私は作業中にカレントリップを中心にBGMとするなど、鼓舞感を高めてくれる曲だと思っています。

法律的な絡みがあるので、アップされてるBGM動画とかは引用しません。表向きは「Splatune2」を買って下さい! ということで!
というか、聴いて下さい! 近年のゲームBGMの中でもかなりお気に入り上位でした!

【140 OVER TWEET】ぼくと有料定額サービス

唐突な自分語りシリーズをもう一つ。
「有料定額サービス」。月に一定の金額を支払い、サービスを得るコンテンツ。皆さんの生活にも定着してきたと思います。
でも、これへの支払い。最初の一歩が滅茶苦茶ハードルが高いんですよね。私も、はじめは「支払ってもとが取れるサービスなの!?」とか、ぎくしゃく考えていた節があります。

そんな私が今使っている定額サービスは「Amazon Prime(以下、「アマゾンプライム」といいます。)」と「Apple Music」「iTune Match」です。
かつてはこれに「ニコニコ動画」「ヤフオク!」もあったのですが、使用頻度の問題から契約を切りました。
アマゾンプライムは年額3,980円のサービスなのですが、もう絶対手放せない…! アマゾンを使っての買い物は、漫画のような手軽なものから、普段ウインドウショッピングでは中々実物が売っていないようなもの(先日の「ENEROID」もそうです。)を、近くに大型店がなくても容易にスピーディに買えるためヘビーユーザーなのですが、プライム会員は即日発送が無料です。ノーマルユーザーは一定額以上の買い物をしないと送料無料の恩恵が得られないのですが、プライムユーザーは漫画一冊でも無料。はっきり言って、これだけでも年額の価値はあります。
ぶっちゃけると、年額30,000円くらいであっても、しゃあねえなあとか言いつつきっと契約継続している位。それほどの破格のサービスだと思います。
それだけでもいいのに、プライム会員は、「Prime Video」。いわゆる動画サービスも無料で(厳密に言うと無料じゃないかもしれませんが)受けられます。
今となってはネットフリックスやHuluで生活に密着している動画コンテンツですが、それらが単体で有料サービスであることを考えれば「付属で」やっているアマゾンの強さをなおさら感じられます。

「Apple Music(以下、「アップルミュージック」といいます。)」は月980円で、契約されている楽曲が聴き放題となる定額サービス。当サイトでも度々そこで見つけたアーティストについて取り上げています。
「Mili」「パスピエ」はこのサービスを受けていなければ見つけてなかったですし、さらに「ForYou」という付加サービスで「似た系統のアーティスト」をAppleから提示してくれるので、芋づる式に好みの楽曲が見つかるのです。
CDを買う頻度は明らかに減りましたが(中には提供されていないものもあるので、その場合だけCDを買います。最近ではスプラトゥーン2のサントラ「Splatune 2」を買いました。)、これが近世代の音楽の楽しみ方なのではないでしょうか。
業界も、CDが売れないと嘆くのではなく、時代に即した付き合い方を考察してほしいものです。

「iTune Match」は、iTuneに登録している音楽をクラウド上で全曲管理し、ネットワークにさえ繋がっていれば異なるデバイスでもリストを共有、聞けるサービスです。
これ本当にずるいですよね。アップルミュージックで際限なくデータを取り込んでいるんだから、当然一括管理したい。ニーズに完全マッチしています。
自宅のWi-Fi下だけであれば「ホームシェアリング」という機能があり、サービスに加入しなくても共有できるのですが、出張が多い仕事であり、かくしてそういうビジネスホテルを利用しているときこそ「日常感」「静寂の紛らわし」が欲しいものです。
だとすると、やはりこれは必要なんですよ。年額3,980円。月300円を切り捨てるほど年収には困っていません。心の華をしおれさせないための必要経費です。(自問自答)

アマゾン、アップルと二大巨塔感はあります。最近のニュースで、年内に「AppleTV」と「PrimeVideo」が連携するというニュースがありました……。
こんなん、AppleTVも買うしかないじゃん……!

 新たにリリースされたアプリにより、「Apple TV」プラットフォームで「Amazonプライム・ビデオ」がサポートされるようになった。Appleは2017年末までにこれを実現すると約束していたが、その期限を目前に控えてついにその約束を果たした。
 Amazonプライム・ビデオのサポートは、Apple が6月に開催したWWDCで約束していた。GoogleがAmazonの「Fire TV」から「YouTube」を引き上げることを発表したこともあり、これでApple TVは「Roku」と並んで、最も柔軟性に優れたストリーミング機器の1つになった。Googleの「Chromecast」では、Amazonビデオはサポートされていない。
 Amazonは現時点でApple TVのハードウェアを提供していないが、AppleがAmazonのビデオアプリをサポートすることになったのを受けて、その状況も変わるのではないかという見方もある。しかし米国時間11月6日午前の時点で、Apple TVはAmazonでまだ提供されていなかった。
 Amazonプライム・ビデオのアプリは、Apple TVのアプリストアで検索すると見つけることができる。
CNET JAPAN 2017.12.7引用)

【140 OVER TWEET】「ENEROID」っていう革命的ガジェットは是非一家に一台置いてほしい話

割と私、ガジェット(家電)に関してはアンテナが高く、いざ買い替えや生活の質を高めるために家電を増やそうとなると比較検討はみっちりする派です。
そんな私が、情報が発表された瞬間「これは!」となっていた家電をついに購入したので、紹介します。
それがタイトルにもある「ENEROID(エネロイド)」。株式会社ケンコー・トキナーが出している「充電器」です。

「充電器」!? そんなのエネループとかと一緒に買うような、4つくらいを入れてコンセントに刺す奴があるじゃん!? って思うでしょう。
それに投資をしたくなった、その理由が、ENEROIDは「向きを関係なく、適当に『箱』に入れるだけで勝手に充電し、充電し終わった電池はスタンバイBOXに流し込まれる」というぐうたら御用達の仕組みだからです。
はっきりいって、全くノールックで電池をぽいっと入れれば充電ができますし、スタンバイBOXも20本の備蓄が可能で場所を取りません。初期投資さえ惜しまなければ生活の全てを充電池に切り替えるのに全く負担がおきえなくなるのです。
なんだかんだ充電池って生活の「全て」には根付いていなかったですよね。私も前まではそうでした。「この充電池、充電済だっけ?」とかの管理がおざなりになり、機動性がなかった部分がありました(若干自業自得)。
でも、これを導入するってことは明快なんです。スタンバイBOXにある電池は確実に充電済ですし、電池切れで取り出した電池もENEROIDの上からぽいっと入れておくだけ。
これまでの充電器のように、ぐっと押し込むようなこともないので、接触面の劣化もないため、多分電池にもやさしいと思います。
急速充電・リフレッシュ(放電)も可能と、充電機能の欲しがる点を網羅しており、本当に、使うまでは軽視してしまうけど、使ってしまうと離れられないタイプのガジェットでした。

せっかく仕組みがあるのでAmazonのアドセンス設置しておきますが(ゲスい)、別にウチ経由しなくていいです。単純に、超おすすめしておきます。

【140 OVER TWEET】「陸王」は面白い、でも僕は「ゲスい上司と銀行員」が見たいんだ

TBS日曜劇場2017年秋クール「陸王」、面白いですね。半沢直樹でお馴染みの池井戸潤原作、日曜劇場枠としては「半沢直樹」「ルーズヴェルト・ゲーム」「下町ロケット」「小さな巨人」に続く5作目ですね。
半沢スタッフが再集結という触れ込みで作られた今作はプロデューサー伊與田英徳の演出らしさが随所に見られ、半沢構成の手堅さと、新作としての斬新さが光り、原作を見ていない身としては次話が楽しみです。
一方、生意気な話、まだ「爽快感」がないですよね。メインバンク融資課長(大橋)に対し「マラソン足袋の商品化はこはぜ屋の悲願であり、それを提案・支持してくれた融資課行員坂本さんは同志であり、シューズの開発をやめるわけにはいかない」とやり込めたシーンはそれなりの爽快感があったものの、銀行のロジックにある程度の正当性があるからこそ、もにょっとしてしまう感じがします。
また、見ている方として論点が2つあることが気になりまって、没入しにくいことがあるんですよね。
「茂木と毛塚のマラソン界の宿命の対決」と「『陸王』を巡る、大手メーカー『アトランティス』及びメインバンクとのビジネス喧嘩」。ドラマでやるには2テーマのフリについていくのにちょっと大変な感じがまだあります。
これは、ルーズヴェルト・ゲームのときにも感じていたのですが、野球パートと合併闘争パートも、話に入れ込めるまではなかなかフリについていくのが大変な所があったのです。
個人的には、その他の池井戸ドラマのようにビジネスの苦悩一本のみを掘り下げに掘り下げていける作品をドラマ化してほしいのですが、こればっかは好みなところがありますよね……。
爽快感とかエンタメ性を考えたら、このあたりを構成に組み込める作品のよさがあるのも重々承知しています。

非常にゲスい感想ですが、池井戸作品には「現代の水戸黄門」という視点でどうしても見てしまいます。クソみたいな上司・幹部や銀行員をやり込めて、そのうえで商品開発や出世闘争において大成功を収めてほしい。
現実は全てうまく行かないことにみんなジレンマを抱えているわけなのだから、せめて夢くらい持ってもいいじゃないか。
「陸王」も最後には爽快感の溢れる作品になることでしょう。継続視聴をしていき、日曜日の夜を清々しく過ごせる秋となりそうです。

【140 OVER TWEET】「リバース操作」矯正のススメ

タイトルの「リバース操作」について。これなんだっけ?って思う方はどちらかといえばアクション系やRPGといったゲームをあまりやらない方と思います。
いわゆる、カーソル操作について、十字キーないしはアナログスティックを動かす方向とカメラが動く方向が連動するか(ノーマル操作)、逆に動くか(リバース操作)、というコンフィグのひとつです。
この項目、人によってというか、おそらく脳の得意分野的に好みが全くわかれるんですよね。私は、昔は上下左右ともにリバース操作でやっており、圧倒的に時間を割いていたスプラトゥーン・ドラゴンクエスト10においても全方向リバース操作でずっと貫いていました。

しかし、それに転機が訪れたのが2017年3月、「ホライゾンゼロドーン(PS4)」の発売でした。いわゆるオープンワールドとしてのゲームの圧倒的美麗さでかなりの高評価を得たゲームであり、例に漏れず私もこのゲームにはかなり没入させてもらいました。
このゲームはオランダにおける「ゲリラゲームズ」という会社が開発した、いわゆる「洋ゲー」です。そして、和ゲーにおいて何も疑わずついていたコンフィグ機能である「ノーマル・リバース」の切り替えがY軸(上下)しかできなかったのです。(注:後のアップデートにおいてX軸(横軸)も切り替えの追加がされました。リバース派も安心してプレイできるタイトルです)
後々調べると、洋ゲーは基本的にこのスタンス(リバース操作のコンフィグはあったとしても、Y軸のみ)らしく、洋ゲーを初めてプレイした身にとってカルチャーショックでした。
そして、昨今のAAAタイトル(多大な開発費をかけられたコンシューマーゲーム)がほとんど外国から生まれている事実を考慮すると、「そこに自分の操作もピントを合わせたほうがゲーマーとして楽しいだろう」と考え、ノーマル操作ができるように矯正しました。
はじめは本当に苦しかった。例えるならば、急に車のハンドル操作が反対になるようなものです。頭でわかってても適応するのには結構な時間を要しました。
そして、さらに困ったのが、「ホライゾンゼロドーン」のプレイが終わり、改めてスプラトゥーンのプレイに戻ってきた時。当然のようにそちらもノーマル操作に戻したのですが……愕然としました。
ジャイロ操作が! 矯正できないんです!

理屈で考えればそうなんですよね。数十時間で「ハンドル操作」のリバースを矯正しただけであり、ジャイロという「手足の動かし方」については何も矯正してなかったのですから。
ジャイロという感覚操作はまさに手足。それを矯正するのはコントローラー操作以上に骨が折れました。
ホライゾンゼロドーンのプレイまである程度ガチマッチでは成績が残せていたのに、たった1ヶ月他のゲームにかまけていただけで手足が動かなくなったときの愕然さたるや。
思うように手足が動かなくなるジレンマたるや、そしてそれを矯正するもどかしさたるや、完全に「リハビリ」そのものでした。
今となっては完全に矯正がされており、滞りなくスプラトゥーン2をプレイできています。

こういったゲーマー特有の苦しみを治すチャンスは、早ければ早いほど適応がしやすいと思います。
いまや、日本はアプリといった簡易なゲームが主流で、コンシューマーについては外国産のゲームのほうがクオリティの高いゲームが多い時代。いつ評判の高いゲームが自分の琴線に触れるかわからないことを考えれば、是非とも「ノーマル」に自分の軸を合わせてみては、と思います。

ただの日記でした。