140 over tweet

【140 OVER TWEET】「パナマ文書」は別に何も引き起こさないでしょう?

※昨今問題になっている「パナマ文書」の漏洩に関して、経理で飯を食っている者としてのスタンスを呟きます。これは、一個人としての見解であり、団体等のオフィシャルな見解ではないことを申し添えます。

パナマ文書(パナマぶんしょ)またはパナマペーパー(英語: Panama Papers)とはパナマの法律事務所、モサック・フォンセカ(Mossack Fonseca)によって作成された一連の機密文書である。
文書は1970年代から作成されたもので、総数は1150万件に上る。文書にはオフショア金融センターを利用する21万4千社の企業の、株主や取締役などの情報を含む詳細な情報が書かれている。これらの企業の関係者には多くの著名な政治家や富裕層の人々がおり、公的組織も存在する。合計2.6テラバイト (TB) に及ぶ文書は匿名で2015年にドイツの新聞社『南ドイツ新聞』に漏らされ、その後、ワシントンD.C.にある国際調査報道ジャーナリスト連合 (ICIJ) にも送られた。80か国の107社の報道機関に所属する約400名のジャーナリストが文書の分析に加わった。2016年4月3日、この文書についての報道は149件の文書とともに発表された。関連企業・個人リストの完全版は同年5月初めに公開される予定である。
〜(中略)
モサック・フォンセカ法律事務所は長年にわたって巨大な数の企業の管理を行っており、特に2009年にその数は8万社を超えていた。パナマ文書には21か所のオフショア金融センターにある21万社を超える会社の名前が記載されており、そのうち半分以上はイギリス領バージン諸島で設立したもので、パナマ・バハマ・セイシェル・ニウエ・サモアなどの地域に設立したものも多い。モサック・フォンセカ法律事務所は100カ国以上のクライアントとは業務上の関係があり、そのうち多くは香港・スイス・イギリス・ルクセンブルク・パナマ・キプロスの企業である。この法律事務所は500社以上の銀行・法律事務所・投資会社とともに、クライアントの要望に応じて1万5600社以上のペーパーカンパニーを作った。そのうち、香港上海銀行は2300社、デクシア、J.サフラ・サラシン(J. Safra Sarasin)、クレディ・スイス、UBSはそれぞれ500社、ノルデア銀行は約400社のオフショア会社の設立に手伝った。
出典:wikipedia

よくわからない方も多いので、ざっくりと噛み砕くとなると「日本の会社の内、海外に会社を持っているような大企業や富裕層は外国での収入と合算して税金を計算します。その制度を悪用し、タックスヘイブン(租税回避地)での収入を過度に少なく、もしくは赤字にすることにより日本での税金を少なくする手法に加担していたモサック・フォンセカ法律事務所の契約者リストが漏洩した」ということになります。
よくペーパーカンパニーとか聞きますよね? あれにかかることなんですが、この漏洩。確かに大ごとではあるのですが、すぐに日本政府や税務当局が解決しなければいけない問題はないし、解決に動くことはないのではないかと思います。
だって、基本的に国は、大企業が外国子会社を大なり小なり、ホワイトなりグレーなり使ってなんやかんやしていることは知っていますし、税制改正と大企業の経理がラインをめぐってイタチごっこしていることは十二分に承知していますから。
また、相手はどれもこれも名だたるメガカンパニーや社会的に影響のある人物。パナマ文書のような大規模レベルであっても、裏を取って分析・検証しないまま「ぶっこむ」ことをすると後々訴訟問題に発展する恐れがありますし、時間と人員を取らなければいけません。その点では「一市民のタレコミ」と何ら変わることはないでしょう。
菅官房長官は「日本政府として文書を調査する考えはない」という見解を示してはいますが、ここは「日本の公務員はパナマ文書をポイする」ってことではないと思います。当局レベルでは色々な所はまず検証すると思いますし、「国は仕事をする気がない!」と怒るのは早計ではないと思います。
ある意味、「後々やばくなることについてリスクヘッジをしたい」と考えた人達が自主的に税務申告するケースがあるのではないでしょうか。

【140 OVER TWEET】自炊のすゝめ

ここで言うところの「自炊」は食事を自分で用意することでなく、造語として昨今定着した「ペーパーベースの本を電子データに変換し、タブレット等で読めるようにすること」です。
私はここ数年で相当の断捨離を断行しています。数ヶ月に一回クローゼットや引き出しを見なおして、明らかに不要なものを整理してたり……というのもしているのですが、もっと行っているのが本の裁断。通称「自炊」行為です。漫画は今でもちょびちょびと購入しており、それも書店に出向き「紙」を買います。はじめの話と食い違ってるのでは、と思うのですが、まずは「紙」で買う行為ってのは必須だと思うんですよね。
いまや各出版社も電子データの配信を行ってるんですが、多分コピープロテクトの関係か、独自ソフト等を経由しないといけないことから、「もしサービスが終わったら所有権どうなるの?」という不安から直接電子データは購入していません。
そうなると紙→PDFの変換が必要なのですが、一番オーソドックスなのは専門業者への依頼。ただ、これは法制上グレーであることもあり、結構割高です。ということで、私が行っているのが、初期投資をぐっとこらえての「自炊用機材」の購入ですした。
自炊の手順はおおまかに2つ。「裁断機で本の接着面(背表紙)を裁断し」「スキャナーで読み込む」こと。ジャンプコミックスのようなサイズであれば一回で全部いけますし、普通のサイズであれば二回もあれば間違いなくいけるでしょう。
はじめは裁断後捨てることに抵抗があったんですが、やればやるほど逆に捨てることに快感を覚えるようになってきたんですよね。自分の作業が、ライフスタイルのシンプル化に直結し、場所の省力化に貢献すること。漫画を読もう、となっても、どこにあるのか探すのでなく、タブレットのiBooksを5秒見るだけで見つかること。頭も心なしかすっきりして、結構快感でした。
確かに初期投資は本当にネックです。裁断機とスキャナーを合わせて7万円程度かかるのですが、私、サラリーマンとして転勤族ですので、引っ越しの際の労力ロスを考えればそれくらいの元は取れていると自負しています。
紙を読んでなんぼ、という意見はよくわかります。なので、それに抵抗がない方! 是非ペーパーレス生活をやってみませんか? 思った以上に、健やかになる生活、うけあいです。

【140 OVER TWEET】「スターライトステージ」の広報の胆力は化物かよと呟きたいことについて

ちょっと鮮度としては落ちている話題ですが、SMAP解散報道。そのアオリを一番見た目的に受けたのは冠番組を持つ民放ではなく、私はバンダイナムコだと思いました。なんといっても、「アイドルマスタースターライトステージ」のCMにおいて、SMAP中居正広を「アイドルはやめられない!」というキャッチコピーで、二次元アイドルの振り付けを完コピさせたCM。ジャニーズがそれをやるというギャップもありすごくインパクトを残したCMでしたが、その数週間後に解散報道があり、「アイドルはやめられない!」というキャッチコピーがくしくも「意味深」になってしまった。普通の民放であれば別に「録画だからやむなく突っ切ります」という言い訳ができども、このCMだけはちょっとあまりにあまりすぎて、続けていくのが炎上になりかねないものとなってしまいました。
報道からしばらく自粛していたのか一切放映を見ませんでしたが、報道が落ち着いた昨今、CMを再開しています。これ、すごく勇気のある選択だったと思うんですよね。あらゆるファン層において、ジャニーズファンってのは敵に回せない領域。いくらジャニーズ本体が許しても、ファンが許さず大爆撃が起きる可能性もあったと思います。
私自身は、あの報道自体がSMAPの責任があまり見えないものだったので続行してもよかったと思っていましたが、責任ある広報の立場でその大鉈をふるえるかと言われれば、正直私が同じ立場なら自信はありませんでした。
結果的に、そういう炎上が起きていることもなく、放映の復活は成功だったといえるでしょう。バンダイナムコにとっての花型コンテンツ。それをこれからも生かせる選択として、一つの分岐点だったのではないでしょうか。

【140 OVER TWEET】「雪苺娘」イズ、うまい のお話

yukiitigo冬ですね。この時期になると一つ楽しみがあり……それが、コンビニに並びだすスイーツ「雪苺娘」です。山崎製パンから発売されており、基本的にはどこでも売っているのですが、割と在庫を切らさず並べてくれているのはセブン-イレブンという印象です。
雪見だいふくをもうちょっとソフトに寄せた食感で、もちもちとしており、中に苺が2つ入っています。
180円ほどなんですが、これが本当に美味しいんだ! 近頃コンビニもプレミアム路線と称してさらに高級感ある新製品を出していますが、私の中でのコンビニマストはこれが数年揺らぎません。
牛皮の薄さ、表面パウダーの感覚、スポンジと生クリームのバランス、そして苺。まさに黄金比……!
それら原材料にアレルギーのない方は、是非このプチ贅沢、おすすめです。

【140 OVER TWEET】「帝コントロール」という単語を生み出したのは私です(遊戯王やらかし伝)

遊戯王プレイヤーでないとわからない話題が100%を占めます。わかんない方はごめんなさい!

 

かつて、遊戯王プレイヤーとして最前線で頑張っていたとき、新機軸のデッキを生み出すことも意欲的でした。ちょうど、《雷帝ザボルグ》及び《氷帝メビウス》が登場した頃は、そのカードパワーに魅了された記憶があります。
そして生け贄召喚(アドバンス召喚)を有効にできるようコントロール奪取カードを相当利用して、それこそ《クロス・ソウル》まで使うような構成を世に送り出した記憶があります。6枚の「帝」カードを使うことから「六帝」と名付け、その後帝カードが増えるごとに「九帝」「十二帝」と構成を変更していきました。
案自体はその時のプレイヤーは少なからずはべらしていたかもしれませんが、体系化して文章を整理してリリースしたのは、私だったと自負しています。ほんとほんと!
しかし、その時私が「やらかした」と思ったのが、そこから柔軟に下級モンスターの変更案が現れ始めて、自分がそこをマイナーチェンジしたものを「帝コントロール」という名前で世に送り出してしまったこと! どう考えてもこれ、「ビートダウン」だったんだよな!
遊戯王Wikiに「帝コントロール」という項目ができちゃうくらい影響してしまったんですが、

 

なおデッキ名に「コントロール」とついているが、今日では単に【帝】と呼ばれる事がほとんどである。
かつては帝ほど安定して除去を行えるデッキがなかったため、相手フィールドを1ターンに1~2枚除去して相手の行動を制限するこのデッキは十分に「コントロールデッキ」だった。

 

という苦しいフォローをWikiに頂いてしまっています。これは名づけてしまった私の責任です。「納豆」と「豆腐」くらい逆の設定をしてしまったんですが、覆水は盆に帰りません。
なんで「コントロール」という名前をつけてしまったのか。一つ大きな理由として、当時のカードプレイヤーとしての私がMTGをやっている傍ら青色が好きだったこと……いわゆるコントロールプレイヤーで、そういうニュアンスを遊戯王に持ち込みたかったことがありました。思えば「コントロール」要素は一割くらいしかなかったのに!
後は、「帝(みかど)」という単語の後につける単語が「ビートダウン」より、「コントロール」がしっくりきたからかな……? 「みかコン」「みかビー」。ほらね?

 

次回、「『妥協召喚』を生み出したのも私です」。震えて待て!