ゲーム

【140 OVER TWEET】MTGのカードを売ったことで、却って興味が出た話

mtg私は、元々カードゲームの魅力を伝えたくてWebの世界に飛び込んだこともあり、遊戯王のホームページを今でも持っています。その一方、「マジック・ザ・ギャザリング(以下、「MTG」)」もプレイしていました。プレイ期間はオデッセイブロックからローウィンブロック。リアル環境の変化によりフェードアウトはしましたが、公式サイトから提供される文章は今でも興味深く読んでいます。
2015年年末、実家の大掃除をしている時に、プレイしていた時のカードの固まりが出てきました。MTGには昔のカードも使えるフォーマットとして「モダン」が数年前に制定されたということもあり、手持ちのカードがそのフォーマットに適応することを知っていたことから、「せっかくなら現役プレイヤーに渡ればいいな。ちょっと位でも小遣いの足しになればいいや」という気持ちでカードショップに売却したところ……。

 

80000円になりました。

 

 

びびりました。正直、プレイしていた当時の投資費用とトントン、もしかしたら黒字にすらなったかもしれません。
別によこしまに取り返そうという気持ちであったわけではないからびっくりして、より深く調べてみたところ、当時のカスレアがモダンフォーマットにおいて凶悪なコンボが発見され価値が数十倍に化けているカードがあったり、一度使えなくなったものの、最新エキスパンションにより再収録され使えるようになったというものが多々ありました。
見返しても、「モダン」っていうフォーマット、ホント絶妙ですよね。2003年以降に発売されたカード、というくくりであることから、もはや骨董品レベルの凶悪なカードは使えないということもあり資産的な負担は少ない。しかしそうはいっても、コレクター・プレイヤー双方に配慮するように適度なパワーカードは使えるフォーマットという印象です。
その結果、MTGのカードの棚卸しをゼロにしたのに、興味が出てムック本「マナバーン2016」を買うという体たらく(笑)

この80000円を原資に、プレイしてみようかなあ。

 

家庭用ゲームメーカーにみる、「腰を据えるゲーム」と「ガチャゲー」の匙加減

知っている人は知っているのですが、私は相当の「ドラクエ10」ヘビーユーザーです。ドラクエ10はMMORPGであるという特性上プレイする人を選び、私もいわゆるオンラインRPGはこれが初めてだったのですが、元来のドラクエ好きである性格と、MMORPGらしからぬ厳しすぎないゲーム方針も相まって、今でも楽しくプレイを続けられています。
そんなドラクエ10。スクウェア・エニックス(以下、「スクエニ」)の収益面でも頑張ってくれているようですが……。

 

続きを読む

【140 over tweet】スマブラは、ファンの要望を叶えすぎたかもしれない

beyoつい先日、「大乱闘スマッシュブラザーズ4」の特番の最終回が放送され、最後となる追加キャラクターであるカムイ・ベヨネッタが明らかとなりましたね。同時にゲストキャラクターであるクラウド(FF7)がついにアップデートされました。
スマブラは64時代から好きだったのですが……しかし、実は4はあまり起動していません。どうしてなのかなあと考えてみたのですが、これ、サービス精神がありすぎた結果、お腹いっぱいになっちゃったのかな……と思いました。
スマブラ4の他メーカーゲストキャラクターであるパックマン・ロックマン・リュウ・クラウドは、スマブラXでゲストキャラクターであるソニック・スネークが登場したときから「こういう参戦がありなのだったら、出てほしい!」と言われていたキャラクター。アンケートで汲み取り、それを調理した結果と言えます。ただし、これをやると諸刃の剣というか、次のハードで出すときどうするんだろう、という不安があります。
ある種の「切り札」を使った結果。もちろん、他にもゲスト参戦できる格となるキャラクターはいっぱいゲーム界におれども、今回ほどのインパクトはないと思います。
ベヨネッタのチョイスはやるなあ!と思いました。あのキャラクターはもう、版権の移動の結果任天堂傘下なんですよね。アクションに華があり格ゲー向き、任天堂ブランドを背負える参戦だと思いました。
もちろん次作においても「インクリング(スプラトゥーン)」のように任天堂を背負える新規キャラクターはいます。また、「ダックハント」のようにレトロ路線参戦もまだまだ弾があるでしょう。
しかし、もっともっと新規IPを育てるのが急務です。任天堂が大好きなだけに、次のスマブラは期待と不安が入り混じります。

 

【スプラトゥーン】「ガチマッチ、どれが好き?」アンケート回答から見る、日本の◯◯◯◯感

finalcry「スプラトゥーン」、いいですよね。
でも、別にここスプラトゥーンについてのサイトではないんですよね!? しかし開幕2連発です。
色々語りたいことがあったのでもう一つ突き出しさせて頂きました。

実は、執筆にあたり、私の普段使い(雑談用)ツイッターアカウントで「貴方の一番好きな「ガチ」ルールはなにですか?」というアンケートを取らせていただきました。有効得票は10あればいいところかなと思っていたんですが、リツイートによる拡散や積極的な回答を頂いたことも相まって、計画の7倍以上の得票を頂きました。
結果と、それに関する「感想」は……、続きにどうぞ。

 

続きを読む

「スプラトゥーン」のアンロックはいいアンロックだと思う

「スプラトゥーン」、いいですよね。記事一発目から流行りものをネタにする、背に腹を代えていかないスタンスです。おそらくこの記事タイトルで読んでくれてる人は説明不要とは思うのですが、任天堂によって発売された陣取りガンシューティングゲームです。爽快なギターサウンドがCM的にも耳に残っている方も多いと思います。わからない方は、2014年E3出典の公式映像をご覧の上、続きにお進み下さい。

続きを読む