TV・映画

【140 OVER TWEET】近頃テレビがおもしろい 〜チコちゃんに叱られる!(NHK)〜

久しぶりにこの題名で執筆いたします。過去にこのくくりでは、「関ジャム(テレビ朝日)」「ねほりんぱほりん(NHK)」を取り上げており、是非とも見てほしい「熱のこもったプライムタイム外番組」を取り上げています。
そうはいっても、今回は前2本とは趣が違うかもしれません。それら2本は、言っちゃなんですが万人に伝わる有名さはなかったかもしれませんでした(注:執筆時において。現時点では非常に有名な番組になっているかと思います)。興味を持ってくれる人には完全にフックとなる番組でありましたが、客を選んでいるところはありました。今回の「チコちゃんに叱られる!」は、はっきり言ってもう既にNHKの看板番組。「今更語ることある?」と言われても、正直ぐうの音がでません。ですが、語らせてください?

「チコちゃんに叱られる!」はこんな番組。

「いってらっしゃーいってお別れするとき、手を振るのはなぜ?」
「かんぱーいってするときにグラスをカチン、あれはなぜするの?」
こんな、5才のチコちゃんが問いかける素朴な疑問にあなたは答えられますか?
知らないでいると、チコちゃんに「ボーっと生きてんじゃねーよ!」と叱られます。
すぐに誰かに話したくなる情報満載の、いままで考えたこともなかった雑学クイズ。
最新技術で誕生したバーチャルでリアルなMC「チコちゃん」の姿にもご注目ください。(NHK公式サイト引用)

ミドルレンジ層として思い返すのは「トリビアの泉」。雑学を調理する構造としてそれが思い返され、まさに現代に蘇ったトリビアの泉路線番組です。それだけならいかようにも同質番組がありますが、この番組の肝はどちらかというと「チコちゃん」の存在。メタ的に言ってしまうとこの「チコちゃん」は、番組収録上はきぐるみですが、顔部分は編集時にCGでいろいろな表情に差し替えられ、さらに声は芸人である木村祐一がボイスチェンジャーを用いた声であてており、きぐるみの中は木村祐一でない別の人物(詳細不明)が担当しているらしいとのこと。
これ、番組を見れば見るほど恐ろしい連携能力で成り立っているものであると驚愕します。しゃべりとモーションが別人であるのに、チコちゃんはそんなことを考えさせない自然な動きを見せている。メタ的な視点ではあるものの、たまに番組内でもゲストが「これどうなってるんですか?」と驚いているシーンが挿入されているくらいでした。

実在性のあるバーチャルキャラクターによるトーク。何を私が語りたいか、もしかしたら「チコちゃんに叱られる!」をネタにする題名とした時点で察した人もいるかもしれないですが、これ、Vtuber(バーチャルユーチューバー)をテレビ運用した際の一つの正解だと思うんですよね。
これがMCが木村祐一本人だと視聴の味気が他の番組と似ているから食いつきにくいし、木村(先輩)と岡村(後輩)という間柄でのマウントを取られるような台詞は「うっ」となってしまいかねない。そこをチコちゃんという「ガワ」を用いることで異なる味付けの料理とできた。この番組は口調は強いながらもすごく気持ちよく見られるんですよね。
恐ろしいのが、この番組の開始が2017.3.24(特番型)であること。Vtuberの走りであるキズナアイの生まれが2016.12.1であることを考えると、まだキズナアイがニッチな存在であるうちから、その方向性に対しての嗅覚を研ぎ澄ませて、世間のウケを慎重にかっさらった上で作られた緻密な番組だと感じています。
一方、「超人女子戦士 ガリベンガーV(テレビ朝日)」では「電脳少女シロ」を筆頭としたマジモノのVtuber出演による放映がされてはいますが、申し訳ないけど、ちょっとトークがヒヤヒヤしてしまう。どうしても、テレビショーにチューニングされて鍛えられている芸能人と比較した場合において、Vtuberは生まれがどうしてもネットという異文化であり基本線が「素人」であることから、トークが見てて引っかかってしまうこともあるのです。

Vtuberという文化が生き続ける限り、強く支持をされ続ける番組だと思います。NHK「らしからぬ」さを含めて太鼓判を押させていただきます。

「シュガー・ラッシュ:オンライン」というディズニーのカチコミ

 

この年末、もう一つエンタメを楽しんできました。それが「シュガー・ラッシュ:オンライン」という、この12月21日に上映が開始されたディズニーアニメの新作で、アーケードゲームを舞台にした「シュガー・ラッシュ」の続編です。
実は私、決してディズニーについて強くはなく……というより弱い部類。昨今の必須科目とすら言われたアナと雪の女王すら未修であり、白雪姫・シンデレラetcetc…もやんわりと知っているくらいで通しで一本を見ているわけではありません。強いて言えばキングダムハーツはプレイしており、それらでヒロインが原作通りの行動言動をしているのならなんとか知っているかな?というくらい。要するに、思い入れがある部類ではなかったんですよね?
そんなディズニーライト勢がなぜ映画館にすら行こうと思ったのか? それが、この予告編でした。(「続きを読む」より後はネタバレがあります)

 

続きを読む

【140 OVER TWEET】「下町ロケット ゴースト/ヤタガラス」がしっくりこなかった

ご無沙汰しております。案の定、年末の業務進行で全くコンテンツを書けていませんでした。ようやくその波も落ち着いてきましたので、ひとつ、この1ヶ月間で消化したコンテンツのことを。

「下町ロケット」の2ことゴースト編とヤタガラス編。半沢直樹から池井戸作品のドラマ化については信頼が大きく、日曜劇場においては全てを見ています。今クールのそれも全編見たのですが、率直に言うと今回はちょっと首を傾げるところがありました。
今回は、視聴者として偉そうな言い方になるのですが、「各方面への忖度が見え見えだった」のと「無骨に作品の一本筋を通そうという気概が薄かった気がした」という点を感じ取りました。この2点を一つ一つ言語化しておきたいと思います。

各方面への忖度が見え見えだった

この点に関しては、皆さんも思うところがあるのではないでしょうか。
作品の縦軸、そして合間のCM。今回はクボタの協力ありきの作成が見え見えだったからこそ、「無人トラクター」という軸で話を進めていったのだと思います。小説原作の発売時期を考えれば、「クボタの協力を取り付けてから作った作品」である雰囲気が見てとれ、ある意味ではクボタの60分CMですらあるのではないかと邪推してしまいました。
前回の下町ロケット1を含め、他の池井戸作品が事前に発売されていたことを考えると、今回は小説原作というよりドラマ監修にしか作品がなっておらず、この縛りであると池井戸氏もやりたいように動けず、だからこそテレビ業界特有の注文を反映せざるを得なかったのではないでしょうか。小型無人トラクターはクボタの得意とするところ。それを賛美し、大型トラクターを露骨に落としていく脚本は、あまりいい顔をしない会社もあるのではないでしょうか。

あと、キャラクター。これは正直、私、駄目だと思いました! これまでの半沢作品は悪役にしても主人公格にしても一本軸の通った魅力があったわけですが、今回だけは少し疑問を呈したい。それが「軽部真樹男(act:徳重聡)」。役内では「実力があるエンジニアながらも協調力がなく毎日定時帰りをしていた。その理由は娘の病院への送迎のためであり、病院への対応が済んだ後再び会社に戻り自分の仕事をしている不器用な男だった」ものでした。
一話内で落として上げるカタルシスを感じさせるならともかく、今回のこれは判明させるまで相当な話数をまたいでいた。また、これがないと成り立たない展開でもまったくなかった。このドラマの主たるターゲット層に「か〜、だからゆとり社員は駄目なんだよな〜(ビールグビー)」と溜飲を下げさせるためだけに作られた展開に見え、私「ゆとり社員」サイドとしては釈然としませんでした。
その後さっくりと「残業だ!」と切り出すシーンにおいても、「立花は、軽部の娘が難病と知ってて残業で拘束しようとしてるの!?」「軽部も、なんでそんな簡単に残業に切り替えられるの!? 娘は!?」と、技術者勢のサイコパスさが浮き彫りになって(頭に取られて)、展開がしっくりと入ってきませんでした。

無骨に作品の一本筋を通そうという気概が薄かった気がした

見てて思ったのですが、今回は池井戸節が薄かったというか、日本のドラマの癖が出ていた気がするんですよね。隙間尺のコメディ寸劇で笑いを取りにいったり、一枚絵で笑いを取れるような、いわゆるSNSウケを狙うモノ。
おそらく制作サイドは半沢直樹大和田の土下座長尺でその旨味を感じ取り癖になってると思うのですが、それもしつこくやられると、せっかくの池井戸作品の魅力が減衰してしまうんですよね。
ボウリングのくだりやおはぎのくだりを組み込み続けてキャラクターを補強するより、その尺を帝国重工・ギアゴースト・ダイダロスとの確執に一秒でも多く割いたほうがこのドラマのターゲット層に刺さったのではないかと思ってやみません。

視聴率も低迷していたとのニュースにあり、この「2」のコケは半沢直樹の2化も暗礁に乗り上げたと感じざるを得ません。今作のクオリティに関しては、ファンとしても疑念を持っており、ベクトルの修正を強く望まざるを得ません。

ハリウッドザコシショウという芸人

今回は、「○○という△△」というシリーズで不定期で書いているシリーズです。
なんらかのジャンルにおいて尊敬しているレベルの「好き」の感情を抱いている人に対してその魅力を紹介する記事であり、過去には、

と記していました。ある意味オシャンティーなジャンルばかり書いていただけに、「それ!?」ってところはあるんですが、前々から芸人というジャンルでは一際すごいと感じているだけに、文章にして整理したいと思います。

 

続きを読む

圧倒的異端 「名探偵コナン ゼロの執行人」感想

真実は、いつもひとつ……?

毎年のように邦画のヒット作として春口に放映される「名探偵コナン」シリーズ。
漫画としては超長編としてあまりにも有名で、私自身全てを読んでいるわけではないのですが、いわゆる「要所」を押さえている程度でした。
コナンがヒット作ということはわかるのですが、映画については実はほとんど見ていませんでした。それこそ子供の時にやっていた「時計じかけの摩天楼」とかをテレビ放映した時に見る程度で、映画館に通ってまで見るという習慣はこの作品についてはありませんでした。
ただ、今年のは違和感があるくらいSNSがガヤガヤしていた。ネタバレを避けた程度の感想を見ても、「公安」「司法」「政治」が入り乱れるポリティカルな話だと、「それコナン!?」みたいな感想が飛び交っており、「相棒」とか「小さな巨人」その他組織紛争……いわゆるポリティカルサスペンスが好きな私にとっては興味があったので、今回については見に行きました。
ここから先はネタバレ、ある程度あります(予告映像にあるシーンは堂々と表現します)。できれば、思いを共有したいから、是非ともまずは映画館に足を運んでほしい、それから見てほしいですね。損はさせません。

続きを読む