TV

【140 OVER TWEET】「陸王」は面白い、でも僕は「ゲスい上司と銀行員」が見たいんだ

TBS日曜劇場2017年秋クール「陸王」、面白いですね。半沢直樹でお馴染みの池井戸潤原作、日曜劇場枠としては「半沢直樹」「ルーズヴェルト・ゲーム」「下町ロケット」「小さな巨人」に続く5作目ですね。
半沢スタッフが再集結という触れ込みで作られた今作はプロデューサー伊與田英徳の演出らしさが随所に見られ、半沢構成の手堅さと、新作としての斬新さが光り、原作を見ていない身としては次話が楽しみです。
一方、生意気な話、まだ「爽快感」がないですよね。メインバンク融資課長(大橋)に対し「マラソン足袋の商品化はこはぜ屋の悲願であり、それを提案・支持してくれた融資課行員坂本さんは同志であり、シューズの開発をやめるわけにはいかない」とやり込めたシーンはそれなりの爽快感があったものの、銀行のロジックにある程度の正当性があるからこそ、もにょっとしてしまう感じがします。
また、見ている方として論点が2つあることが気になりまって、没入しにくいことがあるんですよね。
「茂木と毛塚のマラソン界の宿命の対決」と「『陸王』を巡る、大手メーカー『アトランティス』及びメインバンクとのビジネス喧嘩」。ドラマでやるには2テーマのフリについていくのにちょっと大変な感じがまだあります。
これは、ルーズヴェルト・ゲームのときにも感じていたのですが、野球パートと合併闘争パートも、話に入れ込めるまではなかなかフリについていくのが大変な所があったのです。
個人的には、その他の池井戸ドラマのようにビジネスの苦悩一本のみを掘り下げに掘り下げていける作品をドラマ化してほしいのですが、こればっかは好みなところがありますよね……。
爽快感とかエンタメ性を考えたら、このあたりを構成に組み込める作品のよさがあるのも重々承知しています。

非常にゲスい感想ですが、池井戸作品には「現代の水戸黄門」という視点でどうしても見てしまいます。クソみたいな上司・幹部や銀行員をやり込めて、そのうえで商品開発や出世闘争において大成功を収めてほしい。
現実は全てうまく行かないことにみんなジレンマを抱えているわけなのだから、せめて夢くらい持ってもいいじゃないか。
「陸王」も最後には爽快感の溢れる作品になることでしょう。継続視聴をしていき、日曜日の夜を清々しく過ごせる秋となりそうです。

「久保みねヒャダこじらせナイト」打ち切りがショックすぎて

ごぶさたしております。めたぽです。
この7月に部署異動があり、日々の事務量が膨大になってしまい、とても記事が執筆できませんでした。
ようやく連休を迎えた今、一つショッキングなエンタメニュースがあったので、筆を執りました。

それが、フジテレビ土曜深夜(関東ローカル)に放送しているトークバラエティ「久保みねヒャダ こじらせナイト(以下、「こじらせナイト」といいます。)」が改編期に伴う打ち切りされてしまうということで、つい昨日その最終回を迎えました。
この番組は本当に好きで、それこそ「めたつぼ」で2015.3.28に「しゅみめたぽ。【第3回:久保みねヒャダ こじらせナイト】」という記事を書いてその魅力を短文ながら紹介していました。その時は短かったんですが、今回はその魅力をちゃんと力を入れて語りたいと思います。

 

続きを読む

【140 OVER TWEET】近頃テレビがおもしろい 〜関ジャム 完全燃SHOW(テレビ朝日)〜

このタイトルでテレビ番組を紹介するのは「ねぽりんぱほりん」以来ですね。私は昔から深夜番組フリークなんですが、割と最近まで見逃してた番組であり、そしてクオリティはド安定していることから、是非とも皆さんに見てほしいなと思って紹介します。
名前のとおりMCは関ジャニ∞であり、「ジャム」の名前のとおりテーマは音楽です。しかし、ジャニーズ起用の体をがあるにもかかわらず、相当内容はディープ。結構がっつりと「作り方」とか「構成の仕方」とかを紹介しており、詳しくはなくとも興味がある私個人としては結構前のめりで毎週見ています。
その中でも、2016.3.27の「クラシック・ピアノの世界」と……、そして、視聴者の方はお察しかもしれません。2017.5.7の「アニソンの世界」! これが本当に面白かった!

はっきりいって、テレビ音楽界はアニソンを「見て見ぬふり」でさばいてきた節がありますが(Mステとか、CDTVとか)、このテーマで1時間の特集を向き合い、そしてその中身も決してさらっと「これやっときゃウケるんでしょ」みたいな浅はかさがなく、

  • 「アニソン」「タイアップ」「劇伴」の違い
  • アニソンは89秒で作られるもの、その理由
  • アニソンの「鉄板」コード進行(マイナーコード多→メジャーコード)
  • ようこそジャパリパーク!の「全編サビ」の凄さ

といった番組構成は、これは「業界人養成専門学校かな?」というガチさであり、この回のゲストが志田未来(ラブライブガチ勢)とKis-My-Ft2宮田俊哉(ジャニーズ一のアニオタ)という選択であったこともさらに濃度を引き上げていました。番組の雰囲気もとにかくよく、一ジャンルとしてトークが終始進んでいたのが時代の流れを感じますよねえ。
もちろん、そうではないJ-POP界も面白く、普段音楽を聞く際におよそ聞かない業種の方達の実態が見れたりするので、すごく興味深い番組です。

テレビ朝日系列、毎週日曜23:10〜0:10。是非とも音楽に興味のある方に見てほしい番組です!

味方は敵のフリをする!? 『小さな巨人』に見る、理想的な管理職とは

タイトル、誤植じゃないですよ。
「日曜劇場」の今クール枠であるドラマ「小さな巨人」、面白いですね。
かつて「半沢直樹」というメガヒットオブメガヒットを生み出した脚本家である八津弘樹と、「陽気なギャングが地球を回す」の丑尾健太郎。
面白くなることが確約されている警察群像劇であり、実際、常に見入って、来週の最終回を楽しみにしています。
セミファイナルでは衝撃の事実を提示してのヒキ。これをどう収拾つけるのが見ものですが、そのドラマの中で、ずっと感じてた違和感が「やっぱり!」と花開いた一話でした。
続きからはネタバレを込みで、語ってみます。まだ話を追いかけている方は、閲覧のタイミングにご注意ください。ネタバレです。
(それぞれの人名固有名詞につき、一度目の記載は役職付き、二度目以降の記載を役職略記しています(山田・香坂は一度目から役職略記))

 

続きを読む

私のチカラウタ。

年末。いろんなタイミングにかけてiTunes内に入れ込んだ音楽を聞くことが(移動時間とかも多いことから)多くなりました。
最新邦楽はAppleMusicではそこまで豊富に配信してないことから、どちらかというと傾向が「90年台」「00年台」に寄っているのですが、その年代は人生のターニングポイントがてんこ盛りになっておりかなり思い出したくないくらいキツイ生活をしていたのですが、だからこそ拠り所として聞いていた音楽は今も印象深く心に刻まれているような気がします。
チカラウタ。日テレで放送されている、著名人のターニングポイントに寄り添った歌を紹介する番組なんですが、それに習って備忘録を書き連ねていきたいと思います。
 
続きを読む