「ベロニカ」「セーニャ」から感じる新作ドラクエモンスターズの香り

「ドラゴンクエスト11」(以下、「DQ11」といいます。)、ドラクエの集大成!という感じでとてもいいゲームでしたね。楽しみ尽くしました。
そして昨日(2017.9.29)YouTube及びニコニコ生放送で「ネタバレレイトショー(DQ11における開発者対談、一切ネタバレに対する配慮なしの語り放題)」があったので楽しく見ていたのですが、その中で一つ気になる情報がありました。
それが、当記事アイキャッチにおける「このイラスト」です。
(※微弱ながらDQ11についてのネタバレがあります。気になさる方はDQ11プレイ終了後に御覧ください)

 

 

出典は「ネタバレレイトショー 秘蔵イラスト紹介」

アイキャッチの画像は、ドラゴンクエスト11における「双賢の姉妹」幼少期のイラストの紹介でした。
脳をクリーンにして見るだけなら、ああ・・・かわいい・・・尊い・・・で済むのですが、いくつか引っかかりを感じるのも事実のイラストです。それが、

  • 何の考えもなしに幼少期という設定を準備するはずがない
  • 左がベロニカ、右がセーニャに見えるけれども・・・?
  • イラストの方向性が「ドラクエモンスターズ」系に見て取れる

単なるボツ設定といわれたらそれまでですが、わざわざシナリオに一切絡んでこない幼少期の設定のイラストがあるのがまず「んんん?」と思いますよね。大人の事情を考えると「何かに使うから」そのイラストがあるんでしょ?と思ってしまいますよね。
また、イラストにかなりの含みがあるのも引っかかります。素直に見れば、前を向いてぐいぐい行っている左の女の子がベロニカ、前の子の服を引きおずおずとした態度でいる右の女の子がセーニャに見えます。
しかし、それぞれの子がつけているアクセサリー。左の子がつけているカチューシャはセーニャのシンボル、右の子がつけているブレスレットはベロニカのシンボルであることを考えると「真逆」なんですよね。
「没設定」なのか、「裏設定」なのか、「スピンオフ前提」なのか。それを考えると、私個人としては「NintendoSwitch移植の際に幼少期シナリオを増やすのかな」と考える一方、「スピンオフは本筋ではなくドラクエモンスターズ新作になるんじゃないか」と思ったのです。

元々、ドラクエモンスターズシリーズはナンバリングのスピンオフでした

昨今はドラクエモンスターズにつき、「ジョーカー」シリーズで展開されていたことから忘れそうになりますが、「テリーのワンダーランド」はDQ6から、「キャラバンハート」はDQ7から主人公を起用していたシリーズです。
そして、「ジョーカー」シリーズは2017.2.9発売の「ジョーカー3 プロフェッショナル」で完結を明言されています。このシリーズは売れていないから打ち切り、とかではなかったことから、新たな展開がいずれあることを考えると、元々の方向性である「ナンバリングキャラクターの幼少期」を活用してくることが大いにありえます。
そして、モンスターズシリーズのイメージイラストの方向性として「主人公が快活に歩を進めている」というものがあり、まさに秘蔵イラストの左の子の動きなんですよね。参考としてモンスターズ1(ゲームボーイ)のパッケージを準備しましたが、完全に一致してますね。なお、取り上げませんが、「モンスターズ2」も「キャラバンハート」も同じ様子です。
また、同じドラクエシリーズである以上当然かもしれませんが、イラストのタッチが非常に似ている気がしませんか? 参考として「テリーのワンダーランド(リメイク)」の画像を持ってきましたが、表情・色味に「モンスターズ」感をすごく感じるのです。
これは果たして偶然なんでしょうか。私には、製作中パッケージイラストから姉妹の部分だけのレイヤーを抜き取ったようにしか見えないのですが!?

偶然か否か。姉妹の故郷には「大樹」の存在が

双賢の姉妹の生誕地「聖地ラムダ」には、シナリオ上重要な存在である「命の大樹」が隣接しています。そして、モンスターズシリーズは1・2において「マルタ」「タイジュ」と大木の存在が重要視されています。過去との絡みにおいても、そこを活かすシナリオがあってもなんらおかしくないと考えています。
もっとも、これは「キャラバンハート」のことをないがしろにしてるので、ただのこじつけですけどね!?

タイトルはこんな感じで、予想をおっ立てておきます。
実はジョーカーシリーズはほぼやっていないのですが、姉妹のモンスターズ新作が来るのなら絶対買いますよ! それでは、制作発表が来たらアンサー記事を書きます!(願望)

SNSでもご購読できます。

コメントを残す


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)