すごいぞデジタルカードゲーム

昨今、デジタルトレーディングカードカードゲーム(以下、「DTCG」といいます。)がアツい時代です。
カードゲームはかつては「紙」の時代でマジック・ザ・ギャザリングや遊戯王を筆頭に一時代を築いており、今もその市場は強いですが、それと並び立つようにハースストーンやシャドウバース、WWE Supercard、遊戯王デュエルリンクスといった、デジタルデバイスによってカードゲームを行うゲーム(すごく回りくどく、表現が重なっています)もその市場を広げています。
私も、過去の記事でも複数執筆していますが、ハースストーンを継続プレイしています。過去は遊戯王とマジック・ザ・ギャザリングをアナログにプレイしていました。過去の経験と比較し、DTCGの強みが見えてきたので、羅列紹介してみようと思います。

 

 

対面しなくても遊べる(★☆☆☆☆☆)

基本ですね。アナログゲームだと顔を突き合わせてでないと遊べませんが、デジタルにそこの障壁はありません。
メッセンジャーソフト等でチャットをやりあって、距離の壁を超えて楽しめるというのは素敵だと思います。
でもこれは、顔を突き合わせてこそ楽しいという意見もすごくわかるので、とりあえず枕詞としてメリットとさせていただきました。

場所を取らない(★★☆☆☆☆)

DTCGはあくまでもデジタルゲームなので、カードを集めるといっても全てがデータです。
よくアナログゲームの闇として、金を使いすぎてめちゃくちゃ大量のカードを置き場所がないほど持っているとかいう問題がありますが、そこに関しては一切の問題が発生しません。全てはスマホかタブレット1枚に収まります。
もっとも、これは後述するデメリットにも通じるポイントではあるのですが……(勘の良い人はお察しでしょう)

計算をミスしない、イカサマを疑う余地がない(★★★☆☆☆)

DTCGも、もちろんフレンドコード(ゲームによって名称は違います)を交換すれば、友人との対戦ができるものがほとんどです。
特に紙のゲームを友人としていた人にはあるあると思いますが、ライフポイントの計算や「1ターンに1度」といった誓約効果の処理の際に「今扱っていいんだっけ?」とか「ルール上この処理で適切なんだっけ?」とかの問題が発生します。それらの問題はDTCGだと一切発生しません。いわゆる人為的なミスは全く起きず、複雑なカード効果処理も、それぞれのゲームの大前提ルールを踏まえて適切確実に処理されます。プレイヤーはプレイをすることに全力を注げます。
また、それは、イカサマを疑う余地を完全に排除できることを意味します。特にシャッフルですが、デジタル上で行うことはイカサマが全く発生しないこと、また紙であれば「折れ」とか「反り」とかからもイカサマが発生しうりますが、それすらなくクリーンに戦えることが強みです。

デジタルだからこそ、なカード効果が扱える(★★★★☆☆)

これはゲームによりけりなので、ハースストーンから紹介しますが、「紙」だと絶対扱えないタイプの効果があります。
例えば「召喚時、自分がこのゲーム中に唱えた呪文の数だけ、ランダムな呪文をランダムな対象に唱える」とか、「(あなたのデッキに投入しているカードが全て1枚ずつであったら(いわゆるハイランダー))〜〜の効果を得る」といった、場外からの約束を必須とする効果のような。
紙であれば、いわゆる「ランダム判定」「場外を活用する」「誓約系効果」は設定しづらく(審判としての3人目が必要となるから)、その点ではデジタルは非常に相性がいいのです。

効果の調整がしやすい(★★★★★☆)

昨今も紙のカードゲームを勇気を出して踏み込んでいますが、バランスブレイカーなカードを出したときに、「効果を今後こう読み替えてください」とする、いわゆるエラッタ。紙のカードだと、書いてあることと実際の効果が別になるので、ワンテンポ頭を使ってしまうことになるのですが、DTCGだとアップデートで完全にテキストを書き換えるので、齟齬がおきえません。
ゲームによれば、弱体化させたときに、保障を行うとかいうケアもできることもいいですね。

【最重要!】人前で遊びやすい!!(★★★★★★)

上記5つをふっとばすくらいのDTCGのメリットが、これなんだと思います。
ディスる気は全くなく、経験則なのですが、アナログカードゲームってやはり世間的にはおもちゃのなかでも対象年齢が小児というイメージが根強く、実際のゲームとしての複雑さとか奥深さがどうあれ、根に蔓延るその印象は払拭できなかったんですよね。もうこれは、「構造」として仕方なく、付き合っていくしかなかったものなんです。
デジタルは、先端を走ってくれた売れ筋ゲームアプリである「パズドラ」や「モンスト」「ツムツム」のおかげで、日常生活への溶け込みは割と受け入れられてる節があり、「(スマホやタブレットだから)人前でも出しやすい」というのは本当に強い利点だと思います。

売上から見るその「利点」解釈

その利点が顕著に出ているのが、昨今のDTCG売り上げランキングです。


着目しているのは、4位の遊戯王デュエルリンクス。これが恐ろしいのは、2016年の売上が通年ではなく、リリースした時期が秋口であることから、2ヶ月弱程度であること。リリース当初であるというブーストがあれど、通年その売上が続けば180億円市場になりうる商材です。そりゃコナミもスマホゲーに尽力しますよ……!
遊戯王はその客層的に、中高生のときにジャンプ連載を目にし遊び、高大生に生活環境の変化から離れたという男性が多いカードゲームです。でも、その時の「面白かったな」という経験が潜在的に残り、機会があったら遊びたいなという意欲が意外とあるゲーム。その原体験をすくい上げ、人前でポチポチできるというDTCGの特性を有効活用した結果、このロケットスタートが切れたのだと思います。

散財にだけは気をつけて遊びましょう

利点「場所を取らない」で、それはデメリットもあるとも示したのですが、お察しのかたもいるかもしれません。
「場所を取らない」ということは、お金を使っているという感覚に乏しく、いわゆる「廃課金」につながりやすいのです。
タイトルは挙げませんが、日本の「ガチャ」では結構「やらかしてる」人が多い印象で、決してDTCGもその例には漏れません。
節度を守って、正しく、適切にお金を使いましょう。DTCGは「金を使った人の勝率が上がる」ゲームではなく、その点ではガチャとは一線を画しているゲームと考えています。DTCGは「机がデジタルに移っただけのカードゲーム」であると考えれば、正しく付き合える楽しいゲームだと思っています。
紙から離れたゲーマーなあなたに、ひとつの選択肢を。ご清聴ありがとうございました!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)