【140 OVER TWEET】ゲームの祭典「E3 2019」の情報を見てわくわくがとまらないおはなし(任天堂その他編)

前編ではスマブラ一点に絞って思いの丈を示させてもらいましたが、他にも任天堂の発表において楽しみにする作品はあります。
その一つが「ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド(以下、「BOTD」といいます。)」の続編発表。学者然としたゼルダ姫(編み込みボブ)が松明を持ちリンクとバディを組み、ガーディアンを従えて探検をする様子は、BOTDの中で語られている「写し絵の記憶」やカッシーワの語りの中でいわれる過去の世界観に迫るものであり、まだまだ情報は少ないですが、続編は1作目のBOTDにつながるまでを語る前日譚となるものと見受けられます。

しかし、BOTDは本当に恐ろしい作品だった。実はトライフォースすらプレイしていない、ゼルダ世界に関しては初心者の私ですら圧倒的な密度で描かれる柔らかいオープンワールドに陶酔し、全世界でもその自由度を評価して色々なテクニックが今でも発表される熱度を垣間見て、「スーファミのマリオワールド」「64のマリオ64」に迫るものじゃないかとすら感じました。
良くも悪くも昨今のゲームはバグに不寛容であり、商品としてのクオリティが最重要視される時代に、バグではなく「仕様」で紡がれる人外テクニック(最たるものは「高速飛行」。ビタロックと爆弾を使用する丸太飛ばしのテクニックですね)にあえて寛容さを見せた懐が深いゲームであり、続編がどのように描かれるか楽しみでなりません。

そして、私が愛してやまないスプラトゥーン2! ついに、ラストフェスの詳細が発表されましたね!
お題は「スプラトゥーン3に望むのは 「混沌(カオス)」か「秩序(オーダー)」か」。発売目からアップデートは2年間と告知されており、それ自体は1の時からの手法だっただけになんらがっかりもありません。満足しています。
しかし、ここから空白の期間となってしまい、今や押しも押されぬ任天堂の大看板だけに、3発売までどう熱意を保っていくかを懸念していましたが、ここでじわりと伏線を撒いてきましたね!

当然、発売まではまだまだかかるでしょう。Switchソフトとして出るかどうかすらも言い切れないと思います。
しかし、今回はWiiUとは事情が違います。スプラトゥーン1はWiiUの発売から3年後である2015年5月に発売され、もはやハードとしては円熟期ですらあるころでした。
しかし2は2017年7月の発売、なんとSwitch発売から4ヶ月。もはやローンチとして見てもいいくらいの迅速さです。まだまだハードとして任天堂の花形コンテンツを出しきっていない(発売日が決まった「ポケモン」の他「マリオカート」「どうぶつの森」等)成長期であることを考えれば、今ハード中にもう一作出すのではないかと考えます。
希望的観測ではありますが、これまでも「各ハードに各IPは2回出さないだろう」と思っていたことを裏切られたことがありました。Wiiの「マリオギャラクシー」シリーズが2作出たことがあったので、そこには希望を持っていいのではと思います。

また、スプラトゥーン2のラストフェスは「オクト・エキスパンション」のステージギミックが使えるということを考えれば、音楽は間違いなく「フライ・オクト・フライ」〜「フルスロット・テンタクル(Octo)」なんでしょうね!
ツイートを見る限り、相当凝ってることが予想されるフェスなので、プレイできることがすごい楽しみですね!

任天堂は続編そのものの発表は「割と出来上がってから」出してくる印象があるので、BOTDの続編はそこまで遠い話ではないかなと思います。
しかし、既に発表されているIPの発売の絡みがあり、それらを被せてこないだろうなと考えると

  • ポケットモンスター ソード/シールド 2019年11月15日 (確定)
  • あつまれ どうぶつの森 2020年3月 (確定)
  • ゼルダの伝説 BOTD 続編 2020年夏〜秋 (予想)
  • スプラトゥーン3 2020年冬 (予想)
  • マリオカート据え置き機 続編 2021年春 (予想)

あたりで言うだけはタダな予想をしておきます。実はPS4にも「絶対やりたい!」なソフトが控えており、これらのスケジュールの合間にねじ込まれたら嬉しい悲鳴なんですが、この記事もまた長くなってしまいましたので、続きはまた次回に語りたいと思います。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)