【140 OVER TWEET】「ENEROID」っていう革命的ガジェットは是非一家に一台置いてほしい話

割と私、ガジェット(家電)に関してはアンテナが高く、いざ買い替えや生活の質を高めるために家電を増やそうとなると比較検討はみっちりする派です。
そんな私が、情報が発表された瞬間「これは!」となっていた家電をついに購入したので、紹介します。
それがタイトルにもある「ENEROID(エネロイド)」。株式会社ケンコー・トキナーが出している「充電器」です。

「充電器」!? そんなのエネループとかと一緒に買うような、4つくらいを入れてコンセントに刺す奴があるじゃん!? って思うでしょう。
それに投資をしたくなった、その理由が、ENEROIDは「向きを関係なく、適当に『箱』に入れるだけで勝手に充電し、充電し終わった電池はスタンバイBOXに流し込まれる」というぐうたら御用達の仕組みだからです。
はっきりいって、全くノールックで電池をぽいっと入れれば充電ができますし、スタンバイBOXも20本の備蓄が可能で場所を取りません。初期投資さえ惜しまなければ生活の全てを充電池に切り替えるのに全く負担がおきえなくなるのです。
なんだかんだ充電池って生活の「全て」には根付いていなかったですよね。私も前まではそうでした。「この充電池、充電済だっけ?」とかの管理がおざなりになり、機動性がなかった部分がありました(若干自業自得)。
でも、これを導入するってことは明快なんです。スタンバイBOXにある電池は確実に充電済ですし、電池切れで取り出した電池もENEROIDの上からぽいっと入れておくだけ。
これまでの充電器のように、ぐっと押し込むようなこともないので、接触面の劣化もないため、多分電池にもやさしいと思います。
急速充電・リフレッシュ(放電)も可能と、充電機能の欲しがる点を網羅しており、本当に、使うまでは軽視してしまうけど、使ってしまうと離れられないタイプのガジェットでした。

せっかく仕組みがあるのでAmazonのアドセンス設置しておきますが(ゲスい)、別にウチ経由しなくていいです。単純に、超おすすめしておきます。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)