【完結漫画ノスタルジー】暗殺教室・SOUL CATCHER(S)(週刊少年ジャンプ)

最近、同時期に完結した2つの漫画について。ふた作品とも、本当にお疲れ様でした。


暗殺教室

もうこの作品については、どうこう言えるほどあらすじが必要な作品ではないでしょう。原作大ヒット・アニメ化二期・実写映画化・センターカラー完結。ジャンプ史に残る華々しい扱いと歴史を歩んだ中期連載作品でした。
しょっぱなから設定のものものしさでぐっと客をつかみ、しかしそれだけの設定負けすることもなく、教訓を含みつつもくどくない、だれない展開で駆け抜けた名作でした。特に、茅野覚醒からのスピーディー感には本当に引き込まれた覚えがありました。あの感覚は、デスノート連載時にLが死亡した時以来でしたね〜。ただ、その一方メディアメックスがあったからこそ邪推してしまう「調整」もありましたね。18巻作者コメントで「皆が綺麗に終わることを目指しました」とあり、ああ……やっぱりそうだったんだな、と。
卒業シーズン(映画公開シーズン)に完結を合わせるという点において、若干最後の方に間延びがあった気は確かに感じました。でも、それを除いても、「さくっと殺されること」が求められる作品ではなかったので、余韻を感じさせたと好意的に受け止めています。松井優征はイケメンだし、メディア露出もどんどんしてるし、漫画以外の本(エッセイ ひらめき教室)も出せるし、計画的にヒット作を出せる計算型だしと、控えめに見て天才と思います。展開的に、本業漫画家でこれからもやってくれるのか、江川達也や久保ミツロウのように、メディア露出型になるのか。本人は後者を望んでそうだなあ〜。でも、個人的にはまた新作を見たい! 年をとっても、ジャンプの客層に受ける感性を保てる、そういう天才ですから!

SOUL CATCHER(S)

これは本当に苦労してた作品ですよね。ジャンプ連載からネクスト移籍、そして電子版掲載。 ここまでたどるってことは、本誌としてはアンケートはとれてなかったんだろうと思いますが、それでも粘ってくれたのはいわゆる「コミックス派」の支持が本当に強かったんでしょう。私もそうです。
しかし、結果的には大団円完結。打ち切りではない中期連載による完結は、作者のキャリアにも大きな支えになるのではないのでしょうか(偉そう)。最終巻作者コメントで「ソルキチは、これからの作品です」とありますが、これは本当にその通り! ノベライズやVOMIC化はされていますが、本筋であるアニメ化ドラマ化ってのがまだない作品ですからね。そしてこの作品は、何よりもメディアミックスが映える作品です。「音楽」がテーマである以上、紙面では活かしきれない魅力を絶対に伝えられますから。
吹奏楽であることから、「誰もが知ってる、けど、タイトルを知らない音楽」ってのがいっぱい登場しますし、連載時でもそれはフォローしてはいましたが(「あし笛の踊り」演奏時に、ソフトバンクのCMであることとかモブがしゃべってましたね)、そのへんの補足を削げてテンポよく表現できると思うのです。題材的にこれ、NHKとかフジの「金曜ナイトドラマ」枠が好きそうな題材とは思いませんか?「これから」を楽しみにしています。放送作家さん、メディアミックスしてください。

SNSでもご購読できます。