【140 OVER TWEET】ぼくと有料定額サービス

唐突な自分語りシリーズをもう一つ。
「有料定額サービス」。月に一定の金額を支払い、サービスを得るコンテンツ。皆さんの生活にも定着してきたと思います。
でも、これへの支払い。最初の一歩が滅茶苦茶ハードルが高いんですよね。私も、はじめは「支払ってもとが取れるサービスなの!?」とか、ぎくしゃく考えていた節があります。

そんな私が今使っている定額サービスは「Amazon Prime(以下、「アマゾンプライム」といいます。)」と「Apple Music」「iTune Match」です。
かつてはこれに「ニコニコ動画」「ヤフオク!」もあったのですが、使用頻度の問題から契約を切りました。
アマゾンプライムは年額3,980円のサービスなのですが、もう絶対手放せない…! アマゾンを使っての買い物は、漫画のような手軽なものから、普段ウインドウショッピングでは中々実物が売っていないようなもの(先日の「ENEROID」もそうです。)を、近くに大型店がなくても容易にスピーディに買えるためヘビーユーザーなのですが、プライム会員は即日発送が無料です。ノーマルユーザーは一定額以上の買い物をしないと送料無料の恩恵が得られないのですが、プライムユーザーは漫画一冊でも無料。はっきり言って、これだけでも年額の価値はあります。
ぶっちゃけると、年額30,000円くらいであっても、しゃあねえなあとか言いつつきっと契約継続している位。それほどの破格のサービスだと思います。
それだけでもいいのに、プライム会員は、「Prime Video」。いわゆる動画サービスも無料で(厳密に言うと無料じゃないかもしれませんが)受けられます。
今となってはネットフリックスやHuluで生活に密着している動画コンテンツですが、それらが単体で有料サービスであることを考えれば「付属で」やっているアマゾンの強さをなおさら感じられます。

「Apple Music(以下、「アップルミュージック」といいます。)」は月980円で、契約されている楽曲が聴き放題となる定額サービス。当サイトでも度々そこで見つけたアーティストについて取り上げています。
「Mili」「パスピエ」はこのサービスを受けていなければ見つけてなかったですし、さらに「ForYou」という付加サービスで「似た系統のアーティスト」をAppleから提示してくれるので、芋づる式に好みの楽曲が見つかるのです。
CDを買う頻度は明らかに減りましたが(中には提供されていないものもあるので、その場合だけCDを買います。最近ではスプラトゥーン2のサントラ「Splatune 2」を買いました。)、これが近世代の音楽の楽しみ方なのではないでしょうか。
業界も、CDが売れないと嘆くのではなく、時代に即した付き合い方を考察してほしいものです。

「iTune Match」は、iTuneに登録している音楽をクラウド上で全曲管理し、ネットワークにさえ繋がっていれば異なるデバイスでもリストを共有、聞けるサービスです。
これ本当にずるいですよね。アップルミュージックで際限なくデータを取り込んでいるんだから、当然一括管理したい。ニーズに完全マッチしています。
自宅のWi-Fi下だけであれば「ホームシェアリング」という機能があり、サービスに加入しなくても共有できるのですが、出張が多い仕事であり、かくしてそういうビジネスホテルを利用しているときこそ「日常感」「静寂の紛らわし」が欲しいものです。
だとすると、やはりこれは必要なんですよ。年額3,980円。月300円を切り捨てるほど年収には困っていません。心の華をしおれさせないための必要経費です。(自問自答)

アマゾン、アップルと二大巨塔感はあります。最近のニュースで、年内に「AppleTV」と「PrimeVideo」が連携するというニュースがありました……。
こんなん、AppleTVも買うしかないじゃん……!

 新たにリリースされたアプリにより、「Apple TV」プラットフォームで「Amazonプライム・ビデオ」がサポートされるようになった。Appleは2017年末までにこれを実現すると約束していたが、その期限を目前に控えてついにその約束を果たした。
 Amazonプライム・ビデオのサポートは、Apple が6月に開催したWWDCで約束していた。GoogleがAmazonの「Fire TV」から「YouTube」を引き上げることを発表したこともあり、これでApple TVは「Roku」と並んで、最も柔軟性に優れたストリーミング機器の1つになった。Googleの「Chromecast」では、Amazonビデオはサポートされていない。
 Amazonは現時点でApple TVのハードウェアを提供していないが、AppleがAmazonのビデオアプリをサポートすることになったのを受けて、その状況も変わるのではないかという見方もある。しかし米国時間11月6日午前の時点で、Apple TVはAmazonでまだ提供されていなかった。
 Amazonプライム・ビデオのアプリは、Apple TVのアプリストアで検索すると見つけることができる。
CNET JAPAN 2017.12.7引用)

SNSでもご購読できます。

コメントを残す


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)