「君の名は。」は面白かったんですが、少しモヤモヤしました

「シンゴジラ」に続いてこれまた評判高い「君の名は。」も見てみました。
普段映画館に赴かないような人を1ヶ月で2回も引っ張りだすってのは、これ相当なことですよ!?
案の定ですが、ネタバレに関わる感想を書きますので、見てない人は回れ右。

基本的には、とても面白かったです。くすっとするとこはくすっとして、グッと来るとこはグッとしっぱなしでしたし、「震災後文学」の一つの潮流だなあと感じています。
しかし、面白かったんですが、「シンゴジラ」のときにできた『圧倒的没入』はできませんでした。
事後にどうしてかなと考えたんですが、結論として『物語としてのご都合が、無視される不条理に耐え切れなかった』ということでした。

入れ替わり、わかる。それぞれの時代が違う、わかる。天災から逃げ延びるためタイムパラドックスを起こせ、わかる。
でも、「互いに入れ替わった結果、時系列がずれているってことは初日で気づかなきゃいけないでしょう?」「集落一つが滅びる大天災が起きていたのだから、瀧はあの日記を見た時点で過去のことだと察することが出来るでしょう?」というW主人公の『抜け』だけが許容できなかった。
物語のご都合なのはそりゃわかるし、SFに、ボーイミーツガールに整合性とかを求めるのは無粋だということも重々承知しています。
しかし、つい最近「シンゴジラ」を見て、そちらは整合性とか矛盾を圧倒的ストーリー速度でぶっちぎることで感じさせなかったことを考えれば、ちょっと「君の名は」はそこは……う〜ん、となりました。
でも、映像は本当に息を呑んだ。実はアニメ映画ってのは初めて劇場で見たんですが、特に夜空・風景に関しての美麗さは、類を見ないものだと思いました。
もっと言うと、この映画は「シンゴジラ」の上映前予告でPVを見て、見ようと決めたのですが、その完成度が圧倒的すぎましたね。ある意味そこがピークで、「FF13のPV現象(=FF13も発売前後PVでシナリオの殆どを描写していて、その完成度がすごく高かったのです)」が起きていた気がしないでもないです(笑)
なんだかんだ言ってしまいましたが、その前に見ていたPV予告の期待度の閾値が高すぎたからゆえ。真っ当に面白いことは保証しますし、見たあとにあったかい気持ちになれる一本です!
そして、私のように、この映画を見たあとに「後追いで追っかけよう」って形で「秒速5センチメートル」を見て、唖然としよう!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)