【140 OVER TWEET】「OCTOPATH TRAVELER」は『攻略に寛容』な素晴らしいRPGだった

ちょっと出遅れではあるのですが、一本、話題となったゲームを楽しみましたので記事を書きます。
『OCTOPATH TRAERLER(以下、カタカナ表記で「オクトパストラベラー」と言います。)』。スクエニによるニンテンドースイッチ向け新規RPGであり、「レトロ」に「リッチ」な作品でした。

こういう画面を見ればオールドゲーマーは察するところがあるとは思うのですが、いわゆる「見下ろし視点」で「2D」でロールプレイングをする、スーファミ時代の往年のRPGを今の調理でやるとこうなる!という作品です。
見ての通り、ドットだから手が抜かれている……というわけではなく、例えば遠近をボヤケさせることにより操作キャラ周りだけをスポットする手法や、そのドット絵に3Dをシームレスに溶け込ませる手法、そして極めつけは音楽が完全オーケストラであったりと、ふんだんに贅沢な作品となっています。
戦闘は敵と味方を左右に並べてコマンドターン制という「ザ・スクウェア」!な戦闘。スクエニではなく、スクウェア。6までのファイナルファンタジーやロマンシングサ・ガで経験した戦闘方法が今蘇る。こういうのは本当にずるいですね!
音楽はオーケストラであそのクオリティが単純に抜群ではあるんですが、さらに、それを際立たせる技術も「発明」でした。


……私は音楽畑ではないのできっと伝わってないと思うし、もっとわかりやすい伝え方があるとは思います。
これに関してはぜひともその音楽を聞いてほしいと思うことしきり。「オクトパストラベラー」とのand検索で「シームレス」とか「バトルエクステンド」とかを合わせてツイッター検索をしてみたらその評判の高さが浮き彫りになると思います。

さて、ここまでは通り一遍等な感想。ここからタイトルに触れていこうと思います。
プレイしていて思ったのが、レトロゲー特有の『寛容さ』が散りばめられてる心配りを感じました。
例えば、このゲームに置いては操作キャラの一人に「(NPCからアイテムを)盗む」という町中のアクションができるキャラクターがおり、その成功率は消費アイテムの100%から、強力な装備品であれば最小3%というものもあります。「盗む」自体は一秒で終わります(何回か失敗すると街の酒場に金銭を払わないと盗むコマンドそのものを受け付けてくれません)。町中にはセーブポイントがあります。……お察しですよね。セーブ&ロードで盗むリセマラで、時間さえかければ盗むことは成功するんです。
また、操作キャラの一人に「フィールドマップを入り口から出口まで移動するたびに所持金が増える」キャラがいます。これは、後半のマップであればあるほど増える所持金が増えます。このゲームにおいては、マップそのものは一本道ではないことから、後半マップに踏み込もうと思えば序盤からでも踏み込めます(エンカウントする敵が強いという意味での実質一本道ではありますが)。……お察しですよね、逃げ続ければ序盤でも大金を手にすることができますよね。
こういうゲーマー特有の「テクニックでほじくる」やり方。昨今のRPGだとあんまりできなかった印象があるんですよね。しかし、このゲームはそれらに関し寛容だった。非常に強力な武器を持つNPCの近くにセーブポイントがあることも多々あり、そういった「やり口」を受容していくことは確信的だったとみています。
そういった世界観の中、2Dキャラが動き回るストーリーであることから、昨今の3Dの、映画的な表現に慣れたゲーマーにとっては説明不足とすら感じるかもしれません。でも、ドット絵がちょこちょこ動く「だけ」だからこそ、プレイヤーの脳内で映像が花開く。子供の頃にやったドラクエとかファイナルファンタジーの高揚感を、今、感じられた。涙腺が緩むことはないけど、心の涙袋に潤いが戻った気がします(?) ……そういった8人の主人公のストーリーは「基本的には」それぞれが絡むことはありません(100%やりきると、線がつながるどんでん返しがあります)。緻密でカロリーが高いストーリーが増え続けた現代のRPGに比べればそこも『寛容』ですよね。手を抜いているわけではなく、飲み込める程度の情報量に抑え込んでくれたという意味で、楽しみやすいストーリーでした。

こういうゲームをスクウェア・エニックスが出してくれたのが嬉しかった。かつての「スクウェア」の脈動を、この2018年に感じられたことがすごく昂ぶった。グラフィック・音楽・表現全てにスキのない、2も間違いなく遊びたいと思う一本でした。
ニンテンドースイッチをお持ちの方、「次の一本」をお探しなら、ぜひともお納めください!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)