ハイカライブにシオカライブほどの熱量を感じなかったのはなぜか

先週末、2018.2.10-11のニコニコ闘会議でスプラトゥーンのMCキャラクター「テンタクルズ」「シオカラーズ」におけるライブイベント『ハイカライブ』が開催されましたね。
このイベントは2016年に行われた「シオカラーズ」の単独イベント『シオカライブ』に続く第二弾であり、二次元キャラクターを透明モニターに写し、さも実在化しているかのようなライブを行う、クールジャパンの先端のようなライブです。

お時間があれば、是非どちらも見てほしいですね……。

何回聞いてもスプラトゥーン好きにはたまんないコンテンツです。
そしてここでタイトルなんですよ。よくよく聞くと、客の熱量に差があるように感じませんか? どうにも、2016年の『シオカライブ』の方が熱量が高いような……?
以下、続きから。

 

続きを読む

「QMA ロスト・ファンタリウム」リリース ここが良いとこ悪いとこ

携帯アプリゲーム「クイズマジックアカデミー ロストファンタリウム(以下、「QMAリウム」といいます)」がリリースされました。このゲームは、ゲームセンターで稼働中のクイズゲーム「クイズマジックアカデミー(以下、「QMA」といいます)」を携帯ゲームとして楽しめるように調理されたスタンスのゲームであり、QMA特有のクイズ方式も基本的にはほとんど楽しめることから、往年のファンにも十分満足をしてもらえるゲームとなっています。
……含みがあるような表現に見えますか? はい、含みは、あります。タイトルにも示したように、褒めたいところと批判をしたいところがどうしてもある、仕上がりになっています。
私自身QMAシリーズは5〜天の学舎まではかなりヘビーにプレイしており、そこから先もプレイ時間はともかく興味は継続している、かなり愛好しているタイトルです。だからこそ語りたいところがあるので、プレイを考えている方は続きからどうぞ。

 

続きを読む

ヘッダーバナーを更新いたしました(2017〜2018年冬期)

ダレムくんご提供の、当サイトヘッダーバナーを更新いたしました。
テーマはデジタルカードゲーム2種から。「ハースストーン」の『ジェイナ・プラウドムーア』と「ドラゴンクエストライバルズ」の『テリー』です。
複数記事を執筆しているほど、このジャンルははまっております。かつては遊戯王、そして今は。これは、血ですね?

今季ヘッダーバナー

ぼくと株式投資の備忘録(2017年編)

ツイッターをご覧になっている方には周知のところがあるのですが、私、2017年夏頃から株式投資をやり始めています。
実は大学生時代にほんのちょびっとだけの原資でやっていたのですが、色々あって50%位減らしてしまって心が折れてしまい、もうやらねえ!と思っていたんですよね。
ちなみに、その時スクエニも持っていたのですが、今持ってると2倍になってるんですよ。ままならねえな?

さて、そんなトラウマもあったのですが、職業経理人になった立場。色々知識も増えてるし、捨て銭にできる程度の収入はあるわけだから、いっちょ仕掛けてみましょうか、ということで始めた次第です。
結論から言いますと、平成29年の所得は+2万円です。桁を間違ってません。
はっきり言って、動かしている原資に比べると雀の涙なプラスなんですが、今思い返すと結構危ない橋を渡っており、よくこれでプラスで乗り切ったな!とヒヤヒヤしています。

続きから、手を出した銘柄のうち、印象深いものを取り上げています。
スキャルピングもやってはいましたが、基本的には中長期保有のなかから取り上げています。

 

続きを読む

【140 OVER TWEET】「シンゴジラ」「君の名は。」テレビ朝日放映に民放の底力を見た

この年末年始、「シンゴジラ」「君の名は。」という2016年の邦画界を席巻させた2本の映画が相次いでテレビ朝日系列で放送されましたね。
スクリーンで見てたのに、案の定もう一回見てしまいました。
その中で唸ったのが、放映方針だったんですよね。

シンゴジラは、まさに視聴者に配慮した編集。
民放である以上CMが入るのはどうしようもないことであるのですが、タイミングが絶妙でした。
盛り上がるタイミングでは絶対入れず(多分すごい入れたいと思ってたはず)、ちゃんとチャプターごとに一息を入れるタイミング、場面転換があるべきタイミングでCMを入れてくれたお陰で、むしろ視聴者が息継ぎをできるような配慮にすらなっていました。
2時間通しで見るより、このスタイルのほうがあっている方もいるはずです。

君の名は。は、それとは真逆。CMを徹底的に楽しませる方向へ振り切っていました。
長尺CMで明らかに君の名は。の縦軸を意識したストーリー型のCMが複数にわたってあり、特に「Z会 クロスロード」「Society 5.0」は秀逸でした。(もっとも、「クロスロード」は初出2014年であることを考えたら奇跡的なミッシングリンクですが)
Z会が秀逸すぎて、新作のはずのソフトバンクとデビルマンが霞んじゃいました。
ザッピングしてる視聴者は明らかに意識してるんですから、そのCMも食い入る様に見るでしょう。CMの狙うところドンピシャじゃないですか!
「田舎と都会」「遠距離」「先輩と後輩」「携帯電話」「クロスミッシング」のテーマを担うCMであれば、放映効果は特に高いんじゃないかなと思いました。

この2本は、テレビマンとしてのテレビ朝日の底力を見せつけた仕事だと思います。
映画を活かすための最大限のシナジーを狙うやり方を模索し、狙いははまったと思っています。

それを考えたら、フジの「アナと雪の女王」は本当に下手だったよなと思います。
エンディングにホームビデオをバックにしてLet It Goを流すとかいう控えめに見て狂った編集。
ディズニーファンを冒涜すらしてるんじゃないかと思っていました。

もはやテレビは独占メディアではない時代。
テレビマンのエゴを見せつけるのではなく、コンテンツを尊重してほしい。
凋落する局と、存在感を見せつけた局。その明暗を見せつけた一件なのではないかと、強く思いました。

参考動画 「Z会 クロスロード」「Society 5.0」

過去執筆記事

「君の名は。」は面白かったんですが、少しモヤモヤしました(2016.9.4)