【140 OVER TWEET】ただいま、ジャンプは復活の兆しを感じさせている

ハンターハンターの復活ばかり取り沙汰されている週刊少年ジャンプ(以下、単に「ジャンプ」といいます。)ですが、私としてはむしろ注目しているのは新連載陣。ここのところの新規作品がかなり高確率で当たっており、すごく面白いと思っています。
私自身、立ち読みでさらっと最初の数ページだけ読んで、そこで面白くないと感じたら完全に読み飛ばしてしまう、ファンタジー作品殺しなところはあるのですが(そのせいでアカデミアと食戟のソーマは実は読み飛ばして、後々そろ面白さがわかってコミックス派となりました)、それでもなお生き残って読ませてくれる作品は初速の面白さが段違いの作品。
現在のジャンプで「いい!」と思っている新規作品をピックアップしてご紹介します。(紹介していない作品はお察しください。でも、その中にも中堅となってる作品は普通にありますので……)

Dr.STONE

アイシールド21を原作した稲垣理一郎が原作をしてるだけで、期待値はかなり高かったんですが、ファンタジー読まず嫌いの私ですら引き込ませる設定だった。
人類全てが石化し、そして石化が溶けた主人公ズが地球を取り戻すストーリー。
武器に「科学」を備え、いわゆる「漫画的サイエンス」ではあれど、理屈に則った手法で敵との対決、石化の解読を進めていく工程は非常に飲み込みやすいですね。
これ、非常にゲーム的というか「シヴィライゼーション」チックなんですよね。実質的には原始時代からやり直している歴史作品であることから、原始時代から順調に科学が進歩していくとすれば、ファンタジーバトルのインフレがどうなってもイヤミがない。
本当に良い設定だと思います。

シューダン!

ジャンプのサッカー漫画は「アレ」以外魔境オブ魔境。20週以内打ち切りとかザラであり、私もジャンプのサッカー漫画にはよい印象を持っていません。
そんな中でのコレ! ボーイミーツガールを組み込んだ、「才能ある女子」が「少年団」に入り、サッカーする漫画。青春モノとしてもサッカーモノとしてもすごく美味しく読めています。
言っちゃなんですが、系譜としては「さよならフットボール(月刊少年マガジン)」の系譜なんですよね。決して、扱われてなかったテーマではない。
でも、シューダン!は「現実」より、もっと明るい路線でこのテーマを描きそう。
競技ダンス部は継続で連載していても中堅でいけたはずなのに、あえて畳んで、そして超短期スパンでこれを繰り出してみたところを見ると、この作者の本命でしょう。
バクマン。の福田真太のようなしたたかさを感じている一本で、楽しみにしています。

ぼくたちは勉強ができない

ラブコメはラブコメなんですけど、勉強がテーマなのも意外と捨てておらず、たまに「努力」に対する金言が普通に出てくるんですよね。
ありがちな設定ではあるんでしょうけど、どうも引き込まれるんですよねえ。ラブコメは語れば語るほど変な熱量がこもっちゃいますので、短く「見てください!」程度にしておきます(笑)

「ロボレーザービーム」とかも面白いんですけど、それより上にこの3本を!って感じでした。「暗殺教室」と「食戟のソーマ」が同時に生まれたあの時期のような勢いを感じています。

シノアリスが面白かったので、是非ともやってほしいおはなし

私、基本的にはいわゆる「ガチャゲー」ってのをしなかったタチなんです。パズドラ・グラブル・モンスト・FGOといったメガヒット作品はおろか、熱心なドラクエ信者であるのに、ドラゴンクエストモンスターズスーパーライトですらまともに遊ばなかったんです。
しかし、2017年6月上旬にリリースされた新作アプリ「シノアリス」が何故か妙に琴線にきたのでインストールを行い、ポチポチとシナリオを楽しんでいたところ、非常に面白く、スタミナが枯渇するくらい遊んでしまっているので、改めて紹介してみたいと思います。
(※本文内、ゲーム名の略称表記をばんばんと使います。ご了承ください。)

 

続きを読む

味方は敵のフリをする!? 『小さな巨人』に見る、理想的な管理職とは

タイトル、誤植じゃないですよ。
「日曜劇場」の今クール枠であるドラマ「小さな巨人」、面白いですね。
かつて「半沢直樹」というメガヒットオブメガヒットを生み出した脚本家である八津弘樹と、「陽気なギャングが地球を回す」の丑尾健太郎。
面白くなることが確約されている警察群像劇であり、実際、常に見入って、来週の最終回を楽しみにしています。
セミファイナルでは衝撃の事実を提示してのヒキ。これをどう収拾つけるのが見ものですが、そのドラマの中で、ずっと感じてた違和感が「やっぱり!」と花開いた一話でした。
続きからはネタバレを込みで、語ってみます。まだ話を追いかけている方は、閲覧のタイミングにご注意ください。ネタバレです。
(それぞれの人名固有名詞につき、一度目の記載は役職付き、二度目以降の記載を役職略記しています(山田・香坂は一度目から役職略記))

 

続きを読む

ドラゴンクエストライバルズはハースストーンの夢を見るか

先日、アプリカードゲーム「ドラゴンクエストライバルズ(以下、「DQライバルズ」といいます。)」のクローズドβテストが開始されました。対人カードゲームですからバランス調整は必須ですもんね。
ここでの対戦データと使用傾向より調整がなされるカードも多いのかなと思います。

結構ドラクエにアンテナ立ててる人にしかまだ広まっていない印象があるので、補足します。
語弊を恐れずというか、隠し立てのしようがない「ハースストーン型ゲーム」です。シャドウバースに続く、堂々とシステムの大枠を使ってきた国産ゲームです。
Cygames(シャドウバース)の成功から二匹目のドジョウを拾いに来ており、そんななんでもかんでも当たらないのではという猜疑心もあるのですが、見てて、「面白いんちゃうの……?」と思ったので紹介します。

 

続きを読む