スプラトゥーン・ステージ感想たまてばこ(スプたま)【2】


そしてその後S10にまで落ちました……魔境……!
「スプたま」続き、ステージ感想を述べていきたいと思います。

 

 

ホッケ埠頭(D)

ちょっとこのステージは擁護しにくい……というか、旧デカラインのような不条理感が見え隠れします。
出て行くポイントが非常に限られかつ細いことによりワンサイドゲームに陥りがちであり、真ん中も路地の十字路が大半を占めることで、駆け引き云々より射程の暴力がはびこる印象です。
基本的に高低差がないこと、壁蝉ができないこともあり、駆け引きが生まれにくいんですよね。

 

モズク農園(B)

基本的には良好なステージですが、一方通行の多さとガチホコの雑カウントがちょっと興をそぐかな、と。
もちろんガチホコの左ルート侵攻を許すのはチームの怠慢と言われればそうですが、広すぎるステージを相まって注意が散りがちになることもざらです。
負けた時に唖然とする割合が多いのを、ちょっとなんとかしたいですね。

 

ネギトロ炭鉱(B)

ガチホコ・ガチヤグラ・ナワバリは非常によく出来た構成と感じているのですが、ガチエリアだけ「なんで片側?」という疑問があります。
これ、左右を網で繋げて両サイドの攻防で良かったのでは……と思っています。
しかし、エリア自体は低い壁がいい駆け引きを生み出してますし、ある意味飛び出た高台もアクセントといえばアクセントです。
ガチホコ・ガチヤグラは高台を劣勢側が取っているにもかかわらず、打開しにくい印象かな。攻め側にも遮蔽が多いことが要因でしょうか。

 

タチウオパーキング(B)

いわゆる「リッターステージ」と揶揄されるステージ。
リッター3Kと視界・射程が強烈な親和性を誇るとよく言われますが、リッター使いとしては意外とそ思わず、逆にあんまりここでは使いたくない印象。
というのも、リッターが相手サイドにいるとみなや、肝を据えて攻めてくるプレイヤーが多く、正面突破の壁蝉の精度がみんな高い。
広場前ポイントをメタされるとどうしても右の小さな台を拠点としてプレッシャーをかけるしかないですが、そこはリッターの強みをアピールするには弱い。
ぶっちゃけここなら、私は突スナが出来るチャージャーのほうが得意です。
そういうことも相まって、バランス的にはいいと思います。

 

モンガラキャンプ場(C)

何故か苦手なんですよね……チャージャーを使ってすら川またぎの対面をいなせない……。
ガチエリアポイント自軍側まで侵攻されると取り返しがすごく難しく、ノックアウトは頻繁に起きる印象。
ガチヤグラは塗りポイントを通らないので、ヤグラ乗り以外への意識が向きづらく追撃されることがしばしば、ガチホコもちょっと目を離すとリスポーン帰還をしないと対処できない位置にいることもあり、味方の意識次第で大惨事となることが多いです。
そうは見えづらいですが、基本戦場が細く、ここも逆転が難しいですね。正直避けたいステージです。

 

ヒラメが丘団地(C)

辛い。ここも滅茶苦茶苦手。なんもかんも裏取りの優位性が高いのが辛い。
しかし最近は初手はウラドリされる前提でガチエリア自軍側正面に墨を散らしておいて、蝉をしながら裏取り有無をチェックすると割りきった結果勝率は改善されました。
そうはいっても、基本的に主戦場の高低差が少なく正面のぶつかり合いが大勢に影響が出にくいこともあり、裏取りのしあいが起きやすく……そしてこうなんというか……裏取りってミスった時の戦犯感が滅茶苦茶あるから、自分がやらかしても味方がやらかしちゃってもやり場のないため息が出がちになってしまいます。
せめて、塀上センプク、インク回復させてくれてもよくない? あれがあるだけで裏取りの対抗がしやすいんですよね?

 

三部作の〆は、「アンチョビットゲームズ」が更新されたら執筆します。

それでは適正レートA+、頑張ります! イカよろしく!

SNSでもご購読できます。