【140 OVER TWEET】結局『Spotify』に戻ってきちゃった


ツイッターでは度々言っているのですが、私は重度のサブスクリプション(定額制)フリークです。
生活の大体の分野にそれが根付いており、広義なところではアマゾンプライム(通販)、他にもKindle Unlimited(読書)、ゲームにおけるニンテンドーオンラインとかもそうですね。
一昔前では「形のないものにお金を払うなんて馬鹿らしい」と揶揄されがちであり、私も実際それで敬遠していたところがあるのですが、概ね世間(も私も)の認識も変わってきて、むしろ「たった月千円でこれだけのコンテンツを与えてくれるなんて!」と許容してくることとなりました。
その中、音楽。昔はCDを買って所有欲を満たすという点があったのですが、これについても例にもれずサブスクリプションで欲を満たしています。
千曲、万曲単位で聴くことができ、こういう形で聴くことでなければ一生手につけることがなかっただろうな、という楽曲にもどんどんハマっていることを考えると、真の音楽ビジネスってのはこれなんじゃないかと賛同しきりです。
AppleMusicを筆頭に各社サービスがある中、私が選んでいるのはSpotifyです。私は重度のアップルフリークであり、はじめはAppleMusicを選び、一度Spotifyを経由し、その後YouTubeが生活に浸透する中でYouTube有料の恩恵を一緒に受けられるGoogle Play Musicにしたりと迷走した結果、結局音楽コンテンツを専門としているSpotifyに戻ってくることとなりました。
やっぱり、音楽に注力している会社が作っているアプリであるだけに、めちゃくちゃ使いやすいんですよね。AppleMusicやGoogle Play Musicを経験したあとだとなおさら感じる洗練されたレイアウトとサクサクとした使い心地、とんでもなく「好み」にフォーカスした「メイド・フォー・ユー」(取り込んだアーティストや、聞いた楽曲の履歴のビッグデータから、そのアカウントの「好みそうな」曲を薦めてくる仕組み)が他のサービスと比較して圧倒的な完成度であると思い、一連を経験したあとに出戻った次第です。
触った人はわかると思うのですが、各サービスには「自分が所有している音楽データをアプリ内に取り込む仕組み」があるのですが(これにより、定額配信されていないアーティストの楽曲も、CDを経由してアプリに取り込めます)、何故かAppleMusicは「一枚のCDから取り込んだデータが2つ以上のCDデータとして分裂する(伝えにくいのですが、こうとしか表現できません)」、Google Play Musicは「アップロードしたデータが完全に重複して2つのデータになる」「アー写が見当違いなものとなっていることがある」というバグが使っている中で散見されました。
それらに比べたらSpotifyにはそういった類のバグが(私の扱う中には)なく、非常に信頼感が強かったわけです。
AppleMusicにしかないアーティストがいたり、Google Play MusicにはYouTubeにPVがあるアーティストをオフラインで取り込める(このことにより実質全てのアーティストが取り込める)という利点もあるのですが、それらを天秤にかけてやっぱりSpotifyに行きましたね。
個人的に好きながらも未だ対象となっていないアーティストにも是非とも対象となってほしいのですが(個人的には米津玄師とかマキシマムザホルモンが来てほしいです。つい最近nano.RIPEが対象となったのはすごく嬉しかった)、こればっかりは待つしかないですよね。
超王道なんですが、サブスクユーザーにならなければ、超王道ではあるんですが、あいみょんとかOfficial髭男dism、King Gnu、ずっと真夜中でいいのに。とか聴くことはなかったですよ。これらには本当にハマって運転時のヘビロテになっているので堪えがたい出会いでした。

その中でも一番は「ずとまよ」こと、ずっと真夜中でいいのに。です。アルバム発売時のPVを埋め込みますので、みんなも一度、是非に。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)