さよなら私のクラマー

めたぽ的、2019年この漫画がスゴい!

漫画、好きですね。大好きです。
どれくらい好きかと言うとこのブログの中でサブカテゴリとして「漫画」を独立させるくらいです。
今年は漫画読みとしては大きく変革がありました。それが「紙」の漫画を一切買わなくなったことです。過去当ブログにおいて「(本の)自炊化(※裁断してPDFにする行為)のすゝめ」という記事を書いていたのですが、その意識がこじらせてさらに一歩先に……電子書籍の購入のみに切り替えたということです。
自炊の手間すらはぶきたかったという理由もあるのですが、もう一点「見開きをちゃんと楽しむ」のであればやっぱり電子書籍でないといけなかったんですよね。自炊は背表紙を裁断して行うものである以上、ページの境目は全て切断することになるので、見開きも容赦なく切らなければいけません。そこをちゃんと楽しめるのが本当に良いところだと思った!

電子書籍は全てKINDLEで購入してるんですが、よく言われるのが「サービスが停止したら全部没収なんでしょ!? 怖いよ!!」というのがあるのですが、断言しましょう。アマゾンが吹っ飛ぶ自体になったら、それは世界の経済圏が崩壊してて本を読めるような状況じゃないと思います(核戦争レベル)。
そういう意味では「本を読める状況にあるときにアマゾンがKINDLEから撤退する」ってのはないと考えています。それよりもKINDLEに切り替えてから(セールも多いので)これまで手を付けてなかったジャンルや作品に積極的に興味をもつようになって、その中での大当たりがめちゃくちゃ多いってのが大収穫でした!
そんなこんなで今年の十傑はかなり去年と様変わりしています(前置き) 「続きを読む」からよろしくどうぞ!

続きを読む

新川直司という漫画家

不定期執筆記事「○○という☓☓」シリーズ、5つ目です。「なんらかのジャンルにおいて尊敬しているレベルの「好き」の感情を抱いている人に対してその魅力を紹介する記事(テンプレート)」であり、これまでにこんなのを書いてました。ぜひともこちらも読んでみてくださいね。

今回は、書きそうで書いてなかったこのジャンルですが、この方をあげさせていただきました。
ど王道なところでいえばHUNTER×HUNTERの冨樫義博であったり、過去の記事からいえばナナマルサンバツの杉基イクラでは?と思われるところがあるのですが、これ!です。なぜこの方をリスペクトしたかは、続きからよろしくおねがいします。

 

続きを読む