スプラトゥーン2

テンタライブはハイカライブの反省点を全部ヌリ潰したパフォーマンスだった

今更ですが、何度でもいいますが、私はスプラトゥーンが大好きです。
4桁時間以上はゆうにプレイしますし、サウンドトラックも買いますし、アミーボも買ってます。
コンテンツそのものも勿論ながら、その世界観に陶酔しており、極めつけのコンテンツがニコニコ闘会議で行われているライブコンテンツ「シオカライブ」「ハイカライブ」「テンタライブ」。
この世界におけるMCであるキャラクターコンビがソリッドビジョン的投影とともに歌をうたうクールジャパンここにありなコンテンツです。

2019.1.26におけるニコニコ闘会議においてテンタクルズの単独ライブ「テンタライブ」が行われて……なんというか、もう、たまんなかった……。YouTubeにおいて公式配信されているので、まずは見てほしいですね。

しかし、その一方前回のライブにおいて演出に疑問があってこういった記事を書いていたのも事実。

前回は結構辛辣な思いがあっただけに、今回の満足感は相当なもの。なぜそこまで差が出たのでしょうか。「続きを読む」からタイムスタンプに則って文章に落とし込みたいと思います。

 

続きを読む

【140 OVER TWEET】スプラトゥーン2ミュージックへの愛情 ABXYの鼓舞するところ

過去に「【140 OVER TWEET】スプラトゥーン2ミュージックへの愛情 マストはテンタクルズではなく……?」という記事を書き、スプラトゥーン2におけるジャズサウンド表現についてラブを振りまいていたのですが、その第二弾です。
ゲーム内バンドに「ABXY」というものがあり、公式の表現を引用すると「イソギンチャク女子ボーカルの独特なキャラクターとピコピコサウンドでイカ界のヒットチャートを爆進中の4人組だ。」とあります。
ABXYというバンド名はおなじみ任天堂ハードのコントローラーの4つのボタン名から取っていつつ、そのまま読み方として「アビクシー」とかにも取れる、とてもいいネーミングですね。
この世界の「ボーカル」というのはいわゆるイカ語ですので、前回紹介のカレントリップに比べたら「ザ・スプラ」なサウンドとなっています。
折角なので、公式からサンプルを紹介したツイートを引用しますね。(1つ目はスプラ1初登場時、2〜3つ目は昨今の大型アップデートでスプラ2に搭載された新曲です)

1のときはピコピコ感の中にクールさを残していたサウンド。2はそれがキュートに明るい方向に持っていってる気がしませんか?
おそらくはクール成分がテンタクルズに持っていかれてるから、方向を「こっち」に寄せたと思うんですよね。
ぱっと浮かんだのは「いきものがかり」と「Perfume」的なアッパーサウンド。J-POPのツボ感ある音楽で高揚感があり、このサウンドが流れた時の勝負は非常に内心盛り上がっています。
カレントリップが観戦に向く「外向き」ナンバーと評するなら、一方ABXYはプレイヤーに向けて鼓舞をする「内向き」のナンバー。
ゲーム性はもちろん世界観においても非常に緻密なバランスを表現してくれているスプラトゥーン。
近日中には拡張パック「オクト・エキスパンション」による掘り下げも用意されており、まだまだこのゲームには底が見えません。
Switchをお持ちの方は、本当に買って楽しんで頂きたい一本です。

  

ハイカライブにシオカライブほどの熱量を感じなかったのはなぜか

先週末、2018.2.10-11のニコニコ闘会議でスプラトゥーンのMCキャラクター「テンタクルズ」「シオカラーズ」におけるライブイベント『ハイカライブ』が開催されましたね。
このイベントは2016年に行われた「シオカラーズ」の単独イベント『シオカライブ』に続く第二弾であり、二次元キャラクターを透明モニターに写し、さも実在化しているかのようなライブを行う、クールジャパンの先端のようなライブです。

お時間があれば、是非どちらも見てほしいですね……。

何回聞いてもスプラトゥーン好きにはたまんないコンテンツです。
そしてここでタイトルなんですよ。よくよく聞くと、客の熱量に差があるように感じませんか? どうにも、2016年の『シオカライブ』の方が熱量が高いような……?
以下、続きから。

 

続きを読む

【140 OVER TWEET】スプラトゥーン2ミュージックへの愛情 マストはテンタクルズではなく……?

かねてから私はゲーム音楽については偏執的なほど愛情が深く、ここ数年来一番はまっているゲームであるスプラトゥーン及びスプラトゥーン2についてもその世界観とBGMにはまっています。
スプラトゥーンといえばいわゆる「イカ語」といわれる何を喋っているかわからないのに、でも耳コピできてしまうような不思議な歌声が魅力的であり、その集大成である「シオカラ節」は2年前の「みんなで決めるゲーム音楽」という有志ランキングにおいても見事1位を獲得するほどの魅力がありました。
スプラトゥーン2におけるMCを務めるコンビはシオカラーズからテンタクルズとなり、そのコンビが歌声を発揮する「フルスロットル・テンタクル」がかなりの人気を誇るだろうと確信していたのですが、それを一気に覆す楽曲が、きました。
2017.11.24の大型アップデートにより追加された楽曲「可憐なタクティクス」と「不意打ちのセオリー」。ゲーム内バンド「カレントリップ」により生み出されたピアノと管楽器による演奏である、ジャンルでいえばジャズ系のナンバーになると思います。
元々私、邦画のなかでかなりお気に入りとして上位な作品が「スウィング・ガールズ」であるくらいジャズの耳への吸い込みはいいのですが、カレントリップのナンバーはゲームの戦闘を鼓舞してくれる、かなり素敵な音楽と思います。

【スウィング・ガールズ あらすじ】
東北地方の山河高校の、落ちこぼれ学生だった友子ら13人の女子生徒は、夏休みの補習授業をサボるために、食中毒で入院した吹奏楽部のピンチヒッターに応募する。
唯一、食中毒を免れた気の弱い吹奏楽部員・拓雄の指導で、ビッグバンドジャズをはじめた友子らは、次第に演奏の楽しさに目覚め、ジャズにのめりこんでいく。しかし、吹奏楽部員が退院して復帰したため、あえなくお払い箱になってしまう。
2学期になると友子らは、演奏の楽しさが忘れられず、バンドを結成し、楽器を買うためにアルバイトで費用を稼ぎ、失敗と成功を繰り返しながら、ビッグバンドジャズにのめりこんでいく。(Wikipediaより引用)

とてもいい作品です。是非見てほしいです。

これまでのスプラトゥーンのナンバーは、イカ語を中心とした、「いかにもスプラトゥーン!」ってナンバーが殆どを占めており、それはそれでよかったのですが、2のナンバーは、そういう「らしさ」をあえて消し、e-sportsとして「観戦」させるのに映える音楽構成になっていると思います。同時に追加されたゲーム内バンド「From_Bottom」ももちろんいい曲なのですが、私は作業中にカレントリップを中心にBGMとするなど、鼓舞感を高めてくれる曲だと思っています。

法律的な絡みがあるので、アップされてるBGM動画とかは引用しません。表向きは「Splatune2」を買って下さい! ということで!
というか、聴いて下さい! 近年のゲームBGMの中でもかなりお気に入り上位でした!

いい意味の「アメリカかぶれ」が生む任天堂の快進撃 スーパーマリオオデッセイは「三の矢」になれるか

ここのところの任天堂の快進撃、すごいですね。Nintendo Switch(以下、「Switch」といいます。)の売上が絶好調であり、それを支えているのは緻密な発売計画。
ローンチソフトに「ゼルダの伝説 ブレス・オブ・ザ・ワイルド」という、圧倒的な作り込みにより描かれたゼルダ世界のオープンワールドを体現し、ある程度の期間を空け「マリオカート8DX」「スプラトゥーン2」と大作ソフトを出すことにより、盛り下がりを一切感じさせません。
今月末には任天堂のド看板であるマリオの3D最新作「スーパーマリオオデッセイ」が発売されます。「スーパーマリオギャラクシー2」以来マリオから離れていたのですが、今回のマリオには非常に琴線が刺激されたことから、購入しようと思っています。
さて、私の日記は置いておいて。Switchに入ってからの任天堂の開発のベースに共通点を感じたというお話。
それがタイトルにある「アメリカかぶれ」です。褒めてますよ。

続きを読む