ドラゴンクエスト

【140 OVER TWEET】ゲームの祭典「E3 2019」の情報を見てわくわくがとまらないおはなし(スマブラ編)

アメリカでこの時期に開かれるビデオゲームの最新情報発表会「E3」。今年も開催され、ここで発表される情報はフラグシップタイトルにかかるものも多く、その後1年のゲーム業界を引っ張るニュースが多いです。
私も遅ればせながら本日の午前1時に発表された情報を見て(アメリカ時間の日中を前提とした発表ですから仕方ないですね)、数分おきにびっくりしていました。
このサイトでは特に「任天堂」と「スクエニ」に」によってて、今回特に惹かれた情報もその2社なんですが、色々「考えさせられるものがあるなあ」と思いました。ちょっとずつ頭を整理しつつ語りたいと思います。雑記ですよ。

まずは「大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL(以下、「スマブラ」といいます。)」。シーズンパスの新キャラとしてドラゴンクエストシリーズから「勇者」とバンジョー&カズーイシリーズからの「バンジョー&カズーイ(以下、「バンカズ」といいます。)」の参戦が発表されました。
このチョイスは「その手があったか!」と膝を打たされました。「そのキャラが!?」という感想ではなく、「その手があったか」です。
というのも、バンカズって日本であまり馴染みのないキャラクターなんですよね。

『バンジョーとカズーイの大冒険』(バンジョーとカズーイのだいぼうけん)は、レアが開発、任天堂から発売されたNINTENDO64用コンピュータゲームである。英語版の名称はBanjo-Kazooie。(中略)
『ディディーコングレーシング』に登場したクマのバンジョーと本作初登場の鳥のカズーイが冒険に出る物語。2匹が文字通り一心同体となって行動するという冒険形態が特徴の作品である。アクションゲームであるが、アクション性より謎解き・人助けといった要素を重視した作風はその後の同社作品の基となった。基本的なシステムは『スーパーマリオ64』を参考に作られており、箱庭タイプのステージ内に散らばった「ジグソー」「音符」を収集し、一定数を集めると次のステージへの道が開く。また、使うたびに残量が減るアイテムなどスーパーマリオ64には存在しない独自のシステムも多い。(Wikipediaより引用

発売日は1998.12.6。なんと前世紀のソフト。私の世代にはギリギリ馴染みがありますが(世代がばれる)、今回のスマブラを買うメインたる層にとってはダックハントと同じレベルのレトロ域といっても差し支えがありません。
そういう意味では日本からの参戦支持はお世辞にも高くなかったキャラクター。しかし、このキャラクターは、海外からの支持が異様に高く、単純にその支持から参戦がされるのではないからという噂もありました。


しかし、込み入ったことを言うと確かにこのゲームは任天堂から発売されたゲームであり、定義的には自社IP。ただ、開発をした「レア」社(スーファミ時代の「スーパードンキーコング」シリーズで有名ですね)は現在マイクロソフトに傘下があることから、そこの権利調整はやはり大変だと思うのです。
でも、そこを実現したのが熱意か。海外超ニッコリだと思っております。
一方、ドラクエシリーズの「勇者」の参戦。これは「ドラゴンクエスト11S」のSwitch版発売が秋口に迫ることを考えたら十分予想できた参戦だったな〜!と思いました。
しかし、それを阻んでいたのが知名度のジレンマ。日本では圧倒的な知名度があるドラクエシリーズですが、お世辞にも海外に訴求できるタイトルとは言えないところがあります。(DQ11は海外50万本程度だそうです)
「ソニック」「スネーク」「パックマン」と、ゲストキャラクターは海外への意識が感じ取られるチョイスとみられるだけに、びっくりしました。
でも、これをバンカズと合わせてみたら「海外のバンカズ」、「日本のドラクエ」で均衡をとったとも解釈でき、『きれいに収めてきたなあ』という大人の事情さえも感じられる美しい着地と思うことしきりでした。

ぶっちゃけ、今回の追加参戦発表、私は「キングダムハーツ」の「ソラ」だと予想していました。
つい最近発売された有力タイトル、海外人気も高く、剣撃と魔法のアクションは非常にスマブラ向きの華のあるアクション、コスチューム多数。「素質」がありすぎるじゃないですか!
しかしこの予想の反証として強すぎる「キングダムハーツはディズニーの著作物」という点から、やはり残念ながら予想を外しました。スクエニ一派ならともかくディズニーが相手では難しいでしょうね……。

なお、これでシーズンパスキャラクターは4つ発表された形。バンカズという人気があったのに参戦しなかった「最後の砦」が参戦したとなると、残りは「ジーノ(スーパーマリオRPG)」をやはり希望したいところですね。
スピリットモードでの参戦があるから厳しいかもしれませんが、あくまでそこは別枠と捉えて、残り一枠の予想をおったてておきます!

……スマブラだけで2000字超えてしまって、想像以上にE3感想膨らみそうなので、他のタイトルは次回に取り上げたいと思います〜。

ドラゴンクエストライバルズはハースストーンの夢を見るか

先日、アプリカードゲーム「ドラゴンクエストライバルズ(以下、「DQライバルズ」といいます。)」のクローズドβテストが開始されました。対人カードゲームですからバランス調整は必須ですもんね。
ここでの対戦データと使用傾向より調整がなされるカードも多いのかなと思います。

結構ドラクエにアンテナ立ててる人にしかまだ広まっていない印象があるので、補足します。
語弊を恐れずというか、隠し立てのしようがない「ハースストーン型ゲーム」です。シャドウバースに続く、堂々とシステムの大枠を使ってきた国産ゲームです。
Cygames(シャドウバース)の成功から二匹目のドジョウを拾いに来ており、そんななんでもかんでも当たらないのではという猜疑心もあるのですが、見てて、「面白いんちゃうの……?」と思ったので紹介します。

 

続きを読む