半沢直樹

味方は敵のフリをする!? 『小さな巨人』に見る、理想的な管理職とは

タイトル、誤植じゃないですよ。
「日曜劇場」の今クール枠であるドラマ「小さな巨人」、面白いですね。
かつて「半沢直樹」というメガヒットオブメガヒットを生み出した脚本家である八津弘樹と、「陽気なギャングが地球を回す」の丑尾健太郎。
面白くなることが確約されている警察群像劇であり、実際、常に見入って、来週の最終回を楽しみにしています。
セミファイナルでは衝撃の事実を提示してのヒキ。これをどう収拾つけるのが見ものですが、そのドラマの中で、ずっと感じてた違和感が「やっぱり!」と花開いた一話でした。
続きからはネタバレを込みで、語ってみます。まだ話を追いかけている方は、閲覧のタイミングにご注意ください。ネタバレです。
(それぞれの人名固有名詞につき、一度目の記載は役職付き、二度目以降の記載を役職略記しています(山田・香坂は一度目から役職略記))

 

続きを読む

「下町ロケット」が「半沢直樹」になれないワケ(ならなくていいワケ)

「下町ロケット」面白いですね。池井戸潤作品は「半沢直樹」ドラマのヒットから注目していて、日曜劇場シリーズについては「ルーズヴェルト・ゲーム」も含めて視聴しましたが、大人のおっさんの熱さを感じられるドラマとしてどれも高い完成度です。
主演俳優による長尺による名演説も多々あり、ほぼ毎話に一度は涙腺が緩むシーンが有ります。
高視聴率も獲得しており、一般的には成功の部類といえる作品ですが、その一方「半沢直樹」のように社会現象にまではならなかったり、流行語大賞にはなりませんでした。
もちろん、その「半沢直樹」が強すぎるということもあります。「倍返しだ!」というどまんなか流行語狙いの単語があったという理由がありました。
しかし、私にはもうちょっと根源的な理由があったと思っています……。

 

続きを読む