Chara。歌手ですね。どういう曲を歌っている人だっけ、と思っている人も、映画「スワロウテイル」のテーマソングである「Swallowtail Butterfly ~あいのうた~」の歌手だと言われたら、結構な人がピンとくるのではと思います。
今まで幾度となく「めたぽーたる」でJPOPについて触れてきてるのですが、その記事の傾向からしてCharaが好きなのは見て取れるラインナップだと思います。
と言っても、ずっとずっと聞き続けていたわけではありません。不意の、再燃でした。
何故、急に思い出したか。
今年一年、急にCharaがテレビで取り上げられる機会が多くなったと思うんですよね。
意識して番組を探すまでしてなかったのに、「ミュージックステーション(テレ朝)」「SWITCHインタビュー達人達(NHK)」「アナザースカイ(日テレ)」「久保みねヒャダこじらせナイト(フジ)」、後は「午後の紅茶のCMで『やさしい気持ち』をカバー」とかいうのもありましたね。
率直に言えば、青春時代にCharaを聞いていた世代が映像制作の中核になっているのだろうなという感想を持ちつつも、私の中でCharaへの感情が再燃すると同時にAppleMusicで全アルバムを一気に取り込むこととなりました。

90年代、本当にいいんですよね……(懐古厨)